あがり症や過緊張は過去の感情を切り離すと変われる

◆あがり症や過緊張は過去の感情を切り離すと変われる

あがり症や過緊張のご相談もいただいています。
症状は人それぞれでも、その原因になっていることは結構限られています。

例えば、
●間違えてはいけない、失敗してはいけないという思い込み
●ちゃんとしなければ…という完璧主義
●できる=自分 というセルフイメージ・存在理由 などなど


日々の生活の中で、間違いや失敗ってつきものです。
もちろん、ほとんどの人ができれば間違いたくないし、失敗したくはないと思っていると思います。
でも、同時にそれは避けられないこと…と理解しています。
だからみんな、それと上手に付き合っています。
間違ったときは謝る。
失敗したら、どうリカバーするか考える
失敗から学ぶ…など。

「間違えてはいけない」「失敗してはいけない」という思い込みがある場合、
間違いや失敗を自分に許せていないのです。
『失敗してはならぬ!』と強く自分に言い聞かせています。
【リカバーする】って選択肢がないのです。
なぜなら、失敗したらもうそこで終わり!って思っているからなんですね。

では「なぜ間違えてはいけないの?」「失敗したら何が終わりなの?」を探っていきましょう。
ここで一度よく考えてみてください。
失敗してもいいって思いません?その後リカバーすれば?
「そっか?間違ってもいいか…リカバーすればいいんだし」と思えるはずです。(思ってください。笑)
でも、いざその失敗したくない場面になると『失敗してはならぬ!』と強く自分に言い聞かせてくる自分がいませんか?

これが思い込みってやつで、自分の信念になっています。
もう【失敗してはならぬ!】が前提だから、どんな言葉を言われてもその前提が変わらないとやっぱり失敗が怖くて仕方がなくなるのです。

では、「失敗しても、リカバーすればいいんだし」と頭で思うものの、いざその時になると失敗を過剰に恐れるのか?それは、
・子供の頃、失敗したときにすごく親から怒られた
・子供の頃、何かができたときはすごく喜んでくれたけど、失敗したときは受け入れてもらえなかった
・失敗したことを笑われた
・子供の頃、兄弟の中でできる子だけが可愛がられた
・「お前はダメな子だねぇ」とよく言われた など

このような過去の経験があるはずなんですね。
その経験から、
・失敗したら、超怒られる!!だから失敗してはならぬ!
・失敗したら、愛されない!!だから失敗してはならぬ!
・失敗したら、バカにされる!!だから失敗してはならぬ!
・うまく行く奴だけが愛される!!だから失敗してはならぬ!
・自分はダメなんかじゃない!それを証明してあげる!!だから、失敗してはならぬ!!

と、【失敗してはならぬ】という思い込みを作ると同時に、この時の気持ちも一緒に自分の中にしまいこんでしまっています。
・怒られて怖かったこと
・愛されないんじゃないかと不安になったこと
・バカにされて悲しかったこと
・うまく行く奴だけが愛される…と怖くなったこと
・自分の価値がわからなくなったこと など
その時々の感情もセットで残っています。

その為、頭では「失敗してもいい!リカバーすればいいんだし!」と思ってもこの失敗してはならぬセットが【失敗するべからず!!!!】とプレッシャーをかけてくれことで、あがり症や過緊張としてあなたを追い詰めてくるわけです。

同様に、【ちゃんとしなければいけないセット】【できる子セット】があなたにプレッシャーをかけることで、あがり症や過緊張としてあなたを追い詰めてきます。

あがり症や過緊張を改善したいときはまずはこのセット部分を特定し、感情部分を解消することで、このセットが解消されます。
平常時には頭で理解できていることが、いざその場面で理解不能になっているのはこの感情部分があることで、感情の方へ引っ張られる為なんです。

感情部分が解消すれば、感情に引っ張られなくなり頭で理解していることが腑に落ちますが、感情が残っていると思うようにいかなくなるのです。
もし、あがり症や過緊張でお困りなら、
①まずは何があなたにプレッシャーをかけているか考えてみてください。

②それがわかったら、それは過去に似たような経験をしていませんでしたか?
もしくは、誰かに言われていたりしていませんでしたか?

③思い出せたら、その時の自分になったつもりでその時の気持ちをノートに描いてみてください。

④そして、その時本当はどう感じていたか?を自分に聞きます。
怖かったの?悲しかったの?腹が立ったの?って。
それをまたノートに書き出してみてください。
スッキリしていけば、うまくいっています。

そうでなければ、違う気持ちにつながっていますね。
本当の気持ちを吐き出してください。
とにかく、スッキリするまで書きまくってください。

⑤そして、スッキリしたら「失敗してもいいいよ。そのあとリカバーすればいいし!」とか「ちゃんとできなくてもいいよ!それでも愛してる!」など失敗することやちゃんとできなくてもいいって許可を自分に出してあげてください。
自分がしっくりくる言葉でいいですから。

そうしてできない自分を受け入れられたら、変化が出てきますので根気よく行ってみてくださいね。

 


人気ブログランキング

北九州・福岡 カウンセリング ルーム
Khaang  cay   < cocoro no release >

   セッションのご案内 / お申し込み  /  お客様の声 /

      よくあるご質問 / メッセージ 

日常のことなんかを書いているアメブロもやっています♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です