悩みが生まれる時と悩みが解消する時

Pocket

◆悩みが生まれる時と悩みが解消する時

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

気持ちが楽になるって本当にうれしいですね^^

先日、セミナーに参加しずーーーーと感じてた違和感のようなものが解消し、また心が軽くなりました。
すると、いつもの変わらない部屋なのに、なぜか温かい流れのようなものを感じ、とても穏やかなところに身を置いているようで安心感があります。
本当に不思議です。

こういうとき、
悩みって自分で作り出していたんだなーとつくづく思うのです。

さて、
悩みが生まれる時と悩みが解消する時ということなのですが、

そもそも、悩みとはその出来事に対して「苦しい」と感じているから悩んでしまいます。

例えば…
□人の前に立つと緊張してうまくしゃべれない
□づけづけ仕事を押し付けてくる人に断れない
□◯◯をやりたいのに、できない
□◯◯をやめたいのに、ついしてしまう などなど

自分の願望と違うことになっているから「苦しい」と感じる。
そして、そういつも感じるから悩んでいるのです。

それに相手がいれば、「あいつが悪い!」と思ってしまったり、「できない自分が悪いんだ…」と自己否定を強めたりなどすると、さらに「苦しい」と感じてしまうかもしれません。
そうしてさらに悩みを深めてしまうことになってしまうのです。

では、なぜ

□人の前に立つと緊張してうまくしゃべれないのでしょう?
□づけづけ仕事を押し付けてくる人に断れないのでしょう?
□◯◯をやりたいのに、できないのでしょう?
□◯◯をやめたいのに、ついしてしまうのでしょう?

それは幼い時、家族や両親などの幼いながらも小さな人間関係の中でバランスを取ろうとしておこなったことが大きく影響していることがあります。

例えば、子供は愚痴や不満、怒りなどの微妙な違いがわかりません。
母親がいつも父親の愚痴を言っていたら、母親としては些細な愚痴のつもりで言っていたかもしれません。

でも、子供は「お父さんとお母さんは仲が悪いの?家族が壊れてしまうかもしれない!」

と感じ、
□お父さんの悪口は聞きたくないけど、お母さんの話を我慢してきこう
そうすれば、お母さんはお父さんと離れないかも!

□お父さんも大好きだけど、お母さんがかわいそうだからお母さんの味方をしよう…

□お母さんの不満が減れば、家族が仲良くなるから私がお母さんのお世話をしよう…

などなど、家族がうまくいくように、小さいながらになんとかしようとするのです。

つまり、
自分が「なにかすること(もしくは、しないこと)」で家族が幸せでいい関係を続けられるようにと、自分の気持ちや欲求を我慢して家族のために、
家族がずっと幸せで入れるように…と
自分のことよりも、周りを優先するようになります。

 
家族や両親への愛から自分に制限をかけ、自分の意に反した
「何かすること(もしくは、しないこと)」を増やしていきます。
 

 

すると、その小さな人間関係(家族間)で学んだこと、決めたことを、今度は大きな人間関係(社会)に対しても同様に行ってしまいます。
・自分の気持ちよりも、周りの機嫌をとるほうが大事
・自分が我慢すれば、会社がうまくまわるから、自分がいつも犠牲になる
など、幼少期に行っていたことを、大人になってからも繰り返してしまうのです。
それによって、苦しく感じるシチュエーションが増え、ストレスもたまる一方となり、悩みとなってしまうのです。

けれど、思い出してください。
その悩みの根本とは「愛」が始まりなんです。
大切な人(家族)を愛するがゆえに、自分に制限をかけ、愛の流れが滞り、循環できないことから苦しみが生まれ、悩みに発展してしまっているということを。

なので、悩みが解消する時は、
その愛の滞りを見つけて、解消し、循環するようになればいいのです。
愛するがゆえに、今、我慢していることに気がつけると、今の悩みを手放しやすくなりますよ。

 

 

 

 

 


人気ブログランキング

 北九州・福岡 カウンセリング ルーム
 Khaang  cay   

     menu・価格一覧  / セッションのご案内 / 引き寄せレッスン♪

  お申し込み  /  お客様の声 / よくあるご質問 / メッセージ 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください