怒ること、泣くことのメリット

Pocket

◆怒ること、泣くことのメリット

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

セッションではお一人お一人の想いを紐解きながら、それに関連する【感情】を一緒に扱っていきます。

「私が怒ると家族がバラバラになる」と思い込み、怒ることを我慢するようになったり、
「女の子が怒るなんて、みっともないからやめなさい!」と怒ることを禁じられ、それを今もなお、頑なに守っていらっしゃる方もいます。

また、
「泣くと惨めだから、絶対に泣かない…」と今度は泣くかことを我慢されている方がいたり、
「私が泣いてたら、お母さんが困るから…」と自ら泣くことを禁止されている方もいらっしゃいます。

理由はお一人お一人違いますが、怒ること、泣くこと(悲しむこと)を禁じている方は本当に多いです。

そんな間違った思い込みを変え、これまで抑圧してきた感情を少しずつ解放していきます。

この、怒ることや泣くことって結構デメリットばかりのように感じていませんか?
怒ること、泣くことに、
・人間が小さい…と思われるのではないか?
・怒ってる人。泣いている人の姿を見て、「みっともない」と感じたり…
・大人なんだし、ちょっとは我慢したら? などなど

はい!
これ自体が間違った思い込みなんですねー!

怒ること、泣くことは全然人間が小さいことではないんです。
素直な感情表現ができるとっても素敵なことなんです。
大人とか、子供とか関係ないです。
大人も子供も同じ人間なのですから、怒りたい時もあれば、泣きたいことだって生きてれば絶対あります!

だから、やめて欲しいときがあれば「やめて!」と表現し(怒り)、
悲しいときはその悲しみを表現していいんですよ。

こうして表現する=発散することでストレス(自分が嫌だと感じること)が発散されるのです。

ストレスを溜め込むことが、身体に良くないことはみなさんすでにご存知ですよね?
つまり、ストレスが発散されることで、体調不良の予防・改善につながるのです。

一説によると、がん患者の多くが合理的で非感情的(怒りの抑圧)という性質を持っているそうなんです。

怒ること、悲しむことって、ただ、人生を豊かに面白くしてくれるだけのものではなく、自分の体の健康にもつながるとっても大事なことなんです。
めちゃめちゃ、怒ること、悲しむことにメリットがあるでしょ?

何も、「むやみやたらにキレまくりましょう!」って言っているのでないのです。
「涙を女の武器にしましょう!」と言っているのではないのです。
自分の気持ちに素直に、優しくなって、ただそれを表現しても大丈夫なんですよ…ってことなんです。

映画やドラマを見て、一緒に泣いたり怒ったりするだけでもいいんです。
自分の内側にある、似たような出来事とリンクして一緒にストレスは発散されますから…

だから、どうか自分が怒ること、泣くことに許可を出し、できる範囲で大丈夫なのでそれを表現していってみてください。
きっと心と体が軽くなる感覚を感じられると思いますよ。

 

 

 


人気ブログランキング

 北九州・福岡 カウンセリング ルーム
 Khaang  cay   

     menu・価格一覧  / セッションのご案内 / 引き寄せレッスン♪

  お申し込み  /  お客様の声 / よくあるご質問 / メッセージ 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください