なかなか悩みが解決できないのは…

Pocket

◆なかなか悩みが解決できないのは…

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

似たようなことでお困りの方でも、その原因は人それぞれ違います。

例えば、肩こりでも、肩そのものが本当に凝っている方もいれば、腕や首の凝りが原因で肩に痛みが症状として出る方もいれば、腰や下半身のハリが原因で肩に痛みが出る方もいらっしゃいます。
もちろん、それが複合的に絡み合って、肩に痛みが生じてる場合だってあります。
【肩が痛い】という症状は同じでも、改善するポイントは人それぞれ違うというわけです。

だから、下半身が硬くってそれが原因の人は、下半身のストレッチをすることで肩こりが改善し、「下半身のストレッチをした方がいいよ」っていうし、首が凝っている人が、首の凝りにいい整体で治したなら「あそこの整体に行くと治ったよ」と言います。
でも、首こりが原因の人が、「下半身のストレッチをした方がいいよ」という言葉を信じて、下半身のストレッチをいっぱいしても肩こりは改善しません。だって、この人の原因は下半身のハリではなく、首の凝りなのですから。
どうせするのなら首回りのストレッチをした方が、症状は軽くなるんです。

世の中の悩みの解決方法で「いいよ」と言われているたくさんの方法は、この肩こり解消方法同様、その方がやって問題が解決し、同じ原因を持っていた方がやったから、望む結果を手に入れることが出来たんですね。

で、「何をやっても結果が出ない」「私は全然変わんない」とセミナージプシーやセラピージプシーになっている方や、「どうせ私は変わんないんだ…」と諦めたり、落ち込んでいるかたがいますが、それは方法がたまたまあなたにあっていなかっただけなんです。

結果の部分(肩こり=悩み)ばかりに注目しすぎて、
原因(首なんか、腕なのか…など=悩みの原因)の特定がちゃんとできていないからそうなっちゃうんですね。

「いい!」と言われるものに振り回されてばかりになってしまい、結果(肩こり解消=悩みの解決)がなかなか思うようにいかないんです。

セッションでは、原因の特定からしていきますが、個人で色々本などを参考にされる方は、本に書かれていることがしっくりくる内容だったり、やってください…と書かれていることをすることが苦しくないものを選んでしてみるといいと思います。

やってて、自分を責めるようか気持ちが出るようなものは特にあなたに合っていない内容だと思います。
前向きな気持ちになれるものをチョイスし、やってみてみるといいですよ^^

悩みを抱えている時って、どうしても「自分が悪いから、今こんなに苦しんだ。だから、自分の悪いところを変えないと…」と思っている方が多いです。
だから、『あなたのここが悪いから、ここを治しましょう』って内容に妙にしっくりくるんですが、それやっていると苦しくなると思います。
そんな時は、「あれ?自分を責めてる?」と思ってスパッとやめて下さい!
それはあなたに合っていない方法だと思います。
原因が一致していない方法をしている可能性大!です!!!!

問題解決で大切なのは自分を絶対に責めない。

自分を責めてることを辞めて下さいね。
うまくいかないのは、あなたが悪いのではなく、やっていることがあなたに合っていないだけ。
自分を責める必要は全くありません。

その責めているループから、まずは脱出して下さい。
よくやっていることをもう認めてみて下さい。
認めるだけでも、気分はちょっと軽くなると思いませんか?
よくやっていることを早く認めて下さいね。

 

 

 


人気ブログランキング

 北九州・福岡 カウンセリング ルーム
 Khaang  cay   

     menu・価格一覧  / セッションのご案内 / 引き寄せレッスン♪

  お申し込み  /  お客様の声 / よくあるご質問 / メッセージ 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください