悩みを解決し、願いを叶える鍵のありかとは?

Pocket

◆悩みを解決し、願いを叶える鍵のありかとは?

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

今日はそもそも…のお話を…

いつも「本音が優先される」「自分の中にある信念に人は従っている」「悩みを解決するには自分の信念(思い込み)を変える」「無意識は強い…」(言ってる意味はどれも一緒)ということをお話していますが、今日は基本に戻り、
どうして本音が優先され、
自分の中にある信念に人は従い
悩みを解決するには自分の信念(思い込み)を変えるといいのか

無意識が強いのか…
って話をしたいと思います。

精神分析学者のフロイトや心理学者のユングが提唱した心理学では、人の心は
●自分で意識できる顕在意識(意識) と、
●自分では意識できない潜在意識(無意識) があると言われています。 


意識は、全体の1〜5%をしめ、考えたり(思考)、判断したり、気づいていること、論理的・理性的であることなど、今この瞬間、意識できることなんです。

なので、
「結婚したい!」
「彼氏が欲しい!
「もっとお金が欲しい!」
「もっと安心したい!」
「〇〇になりたい」
「もっと〇〇したい!」など、自分で考えたり、望むことは、
自分で意識できること、自覚できることになります。

 

逆に…
無意識は、全体の95〜99%をしめ、自分では気がついていない部分をいいます。
自分では意識できていないこと、無自覚な部分になります。
これが先ほどお話した、自分の本音だったり、信念などもそうですし、直感もここからのメッセージが意識化したものになります。

他にも、心臓が動いていたり、ご飯を食べたら勝手に消化活動が行われるのも無意識のおかげ。
みなさん、ご飯食べた後、「よし!消化するぞ!」と念じたり、どこかのボタンを押したりしませんよね?(笑)
こういう身体の管理もしてくれています。

また、無意識は【不快を避けて、快を求める】と言った特徴があります。

さて、先ほど意識は5%とお話しました。
5%の意識が
「結婚したい!」
「彼氏が欲しい!
「もっとお金が欲しい!」
「もっと安心したい!」
「〇〇になりたい」
「もっと〇〇したい!」 と思っても、

残りの95%の無意識が
「結婚すると自由な時間がなくなる…」
「男の人は怖い」
「お金持ちは汚い奴がなるものだ」
「世の中は信用できない!」
「私にはできっこない!」
「どうせ私には無理…」などと思っていたら…

5対95の相反する考えの戦いになるというわけです!
当然、無意識の95が勝っちゃいますよね…

なので、
「結婚したいけど、結婚できない…」
「彼氏が欲しいけど、彼氏ができない…」
「お金が欲しいのに、足りない…」
「穏やかに喰らいたいけど、不安でいっぱい!」
「〇〇になりたいけど、なれない」
「もっと〇〇したいけど、できない…」
などといった現実化になってしまうのです。

だから、悩みを解決したり、望みを叶えたいなら自分の無意識を味方につけ、無意識の力を使ったほうが

断然お得!!!

というわけです。

自分が意識して望むことと無意識が一致していれば、望みは叶っていき、
自分が意識して望むことと無意識が不一致を起こし、その差が大きければ大きほど悩みや問題となってしまうんですね。

なので、
悩みや問題解決の鍵は【無意識にあり】、無意識を自分の理想にあったものに変えることで変化が起きます。
また、望みや願望を叶える鍵も【無意識にあり】、これも、無意識を自分の望みや願望にあったものに合わせておくと叶いやすくなります。

話としてはとってもシンプルなんです。
シンプルなんですが、時に複雑に絡みあいこともあるので、なかなかうまく思うようにことが進まない方もいらっしゃいますよね…

もう少し、意識と無意識について話したいと思います。
続きは次回に…

 


人気ブログランキング

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.