本当は何も出来ない私

Pocket

◆本当は何も出来ない私

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

多分私は、あまり器用な方ではありません。
でも、これまで結構できちゃう方で。(自慢ではなくて…)
【器用でないけど、できちゃう】ってその根底には努力や我慢や頑張りがあるわけなんですね。

でも人は【できちゃう】部分しか見えてないし、知らない。

だから、人は私を【できる子】ってみるけど、
本当はただ、一生懸命頑張ってきただけなんです。

本人はその【あまりできない自分】を感じているもんだから、人からの【できる子】という評価はプレッシャーでしかなくて、いつ自分のメッキがハゲるかビクビクしています。

こういう
【人からできる子とみられ、実際それなりに結果も出してきた。
でも、本当は私は無力で、もういっぱいいっぱい
『もう、無理〜〜〜』】

というセルフイメージを持っている方って結構いらっしゃいます。

どこか早い段階で挫折でもしていたら、そんな呪縛から解放されていたのかもしれませんが、運がいいのか悪いのか…これまで挫折する経験が持てなくいい歳になってしまった…

そうすると、どんどんその仮面を脱ぐタイミングもなくし、どうしていいのかわからなくなる。

歳を重ねた分だけ、周りの自分へのイメージも確率してしまい、今更仮面を普通に外そうとすると明らかにがっかりされる…

だから、どんどん自分を追い詰めて、心のバランスや体調を崩すまで一人で戦い続ける…

まぁ、そうするしか道がないように感じるから仕方がないのかもしれませんが…

こういう、
【セルフイメージ(周りへ見せている自分)】
【本来の自分のイメージ】
【周りからの自分のイメージ】

3つのイメージがバラバラで、それが違いすぎるととても苦しい状態になってしまいます。
こんなときは、まず、
【本来の自分のイメージ】を正確に捉えることが大切です。
自己評価が高くても、低くても人って苦しくなりますから。
低くしすぎず、高くしすぎず、ありのままの自分を受け入れる。

ありのままの自分って、これまでできたことはできたこととして認めたり、できなかったことは出来なかったこととして認める。
出来たから素晴らしい!出来なかったからダメだ><
とか関係なく、事実だけを受け入れて、認める。
それでOK!だと…

そうして、今度は
【セルフイメージ(周りへ見せている自分)】を本来の自分に近づけるようにしていくといいかもしれません。

出来ないのに、出来ている風に見せていたのなら、出来ないところを見せていく。(自己評価を下げていく)
出来るところを隠して来たのなら、出来るところをちゃんとアピールしていく。積極的になってみる。(自己評価を上げていく)

すると、【周りからの自分のイメージ】も自然と変わっていきます。
特に何かする必要はありません^^

やっぱり、自分が変わっていく(戻っていき)しかないんですね。
自分が変われば、世界が勝手に後からついてきますから。
自分をがんじがらめにしている呪縛(制限)から、ご自分を解放してあげてくださいね。

 

 

 


人気ブログランキング

 北九州・福岡 カウンセリング ルーム
 Khaang  cay   

     menu・価格一覧  / セッションのご案内 / 引き寄せレッスン♪

  お申し込み  /  お客様の声 / よくあるご質問 / メッセージ 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください