我慢をやめる方法②

Pocket

◆我慢をやめる方法②

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

前回の記事で、なんとなく自分が我慢しちゃう理由、我慢を続けてしまう理由がわかったのではないかなって思っています。

我慢しているのは自分の為ではなく、誰かのためだったりします。
だから、なかなかやめれなかったりするので、その誰かと自分を切り離すために、昨日のワークをちょっと続けてもらえたらな…なんて思います。

と同時に、
【我慢する人】に知っててほしいことがあります。

【我慢する人】の予想ってだいたいあってるのも確かです。
「たぶんこうだろう」って8割型当たっていますし、思ったようになることが多いです。

ですが、あくまでも8割。
2割は予想がはずれています!!

ですが、ですが、これは人の特徴でもあるのですが、
この2割がけっこうなかったこと扱いされることがあります!

この的が外れるもそうですが、
「わたしは愛されない」って思い込みがあれば、「愛されている」扱いの2割がなかったこと扱いにされています。
逆もしかりで、「わたしは愛されている」って思い込みがあれば、「愛されなかった」扱いの2割はなかったこと扱いにされています。

人って、こんなもんなんです。
だから、セッションではこれを逆転することをしていくのです。
セッションで10 割愛される自分になるんじゃないんです。
8割「愛されてる〜」となることで、2割が気にならなくなることで、ないこと扱いできるようになるんです。

話をもどして、【我慢する人】の予想ってだいたいあってるのも確かです。
8割、相手のことが読めてます。
女性に我慢をする人が多いのも、相手=赤ちゃんの気持ちを読むために必要な能力だからかもしれません。

ですが、やっぱり8割なんです。
赤ちゃんが泣いてて、時間的に「ミルクかな?」と思ったら、近よってみると厚着しすぎてないている時やオムツをかえて欲しい時だってありますよね?

8割ミルクで正解なんですけど、2割のイレギュラーってありえます。

つまり、【本当のことはわからない】です。
わかっているようで、なにも本当はわからないのです。
だから、率先して我慢しなくていいんです。

「本当はわからないー!」と思って、我慢する癖だけ変えていきましょう。

我慢させる人同士だと【言いたいことが言い合える】ってのはこの「わからない」があるから、言いたいことを言って、聞きたいことを聞こうとしているからではないのかな?と思います。

「言ってみないとわからないー!」と思って相手に言ってみてください。
「聞いていないとわからないー!」と思って相手に聞いてみてください。

「やってほしいことが(相手は)わからないー!(わかってない)」と思って相手にお願いしてみてください。
「やってほしくないことが(相手は)わからないー!(わかってない)」と思って相手に辞めてとお願いしてみてください。

これで、ちょっと言いやすくなったかなー?とおもうのですが、どうでしょう?

 


人気ブログランキング

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください