一旦、取り出す

Pocket

◆一旦、取り出す

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

クライアントさんがご相談にいらっしゃったとき、
「なんで私は〇〇ができないんだろう」
「〇〇できないで苦しいです」
「〇〇できずに困っています」などなど
〇〇できない自分=ダメな自分 とし、
ご自分を責めていることがよくあります。

なので、そんなときはまず、
【その原因はあなたが原因ではなく、あなたの外にあるかも?】と一旦ご自分の外に、その問題をもっていってしまいます。
そうして、まずは頭の中でグルグルまわっている問題を取り出すことで、クライアントさんの苦しみの軽減にもなりますし、問題解決の道すぎが見えてきたりするんですね。


「紙に感じる気持ちを文脈とか関係なく書き出してくださいねー」とよくお伝えしているかと思いましが、これも一緒のテクニックの応用になっています。

自分の中にあるものを一旦取り出すことで、見えてくることってたくさんあるからなんですね。

最近、女性に多いのが天気で気分が左右される方がいらっしゃいます。
天気の悪い低気圧の日になるとイライラしたり、気分が落ち込んだり、頭痛がしたり…と体調が優れなくなってしまうんですね。

これは、自律神経と気圧の関係で起こることなんですが、ご自分の中で
●「いつも明るく、元気でいなきゃ!」と完璧主義が強いかた
●対人関係に悩みがあるとき
●仕事の悩みがあるとき
●不安が強い方 など
ご自分の中に悩みがあると、ご自分の悩みとその体調不良を結びつけてしまい、

「元気でいられない私はダメだ…」
「〇〇さんとのことがあるから、今日体調が悪い」
「〇〇ができてないから、今日こんなに頭痛がする」など
体調不良の原因を自分の中の問題と結びつけてしまい、さらに落ち込む…ってことをしがちなんですね。

先ほどもお伝えしたように、原因は【気圧】の関係なんで、今ある悩みとは本当は関係なかったりするんです。
なので、よく「自分を責めることをやめてくださいね」ってお伝えしているのは、問題を内側でどんどん増やさないためでもあるんです。
問題を一旦、外に出してしまい、いろんな問題同士を結びつけていかないことが大切なんです。

カウンセリングにお越しいただいてからすぐの方にはとにかく、このことを徹底して行なっていきます。

でも…この外在化っていうんですけど、この作業をずっとしていてもなかなか根本的な解決にはなりません。

先ほどの例でいうと、【天気の悪い日に体調不良を起こす】ことが続くわけです。
ある意味、体調不良=天気が悪い っていう条件づけになってしまい、「体調不良は天気がわるから」だったのが、「天気が悪いから、今日は体調不良」ってなっちゃうんです。
※生理痛などで鎮痛剤を服用されている方にもおなじようなことがあるそうです。
はじめはお腹が痛いから鎮痛剤を飲んでいたのに、鎮痛剤を飲むためにお腹が痛くなってるとなり、生理=生理痛があるもの…といろんな条件付けがされていることがあるそうです。
卵が先か…鶏が先か…って感じです。

 

なので、外在化し、問題を一旦悩みや問題を外に取り出したり、今度はそれぞれの問題を解決していかなければいけません。

天気が悪い時に体調を崩しがちなら、自律神経を整えるために少し運動をしてみたり、生活習慣を整えることが必要になりますし、
人間関係や仕事でお困りなら、それ、そのものを解決していかないといけません。

簡単にいってしまえば、
ごっちゃにしないこと!

悩みや問題があるときって、いろんなことを必要以上に結びつけてしまい、余計にややこしくしていることがよくあります。
ひちゃかめっちゃかになっていて「どうにもできない〜〜」ってなってることが多いのですが、整理してみると意外と「たったこれだけ?」と「たいした問題ではなかった!」「そんなに問題はなかった!」ってことがよくあります。

まずは自分の中にある悩みや問題を取り出してみて、整理してみると、道筋がみえてくると思うので、よかったらお試しくださいねー

 


人気ブログランキング

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください