思うようになかなかできないとき

Pocket

◆思うようになかなかできないとき

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

セッションでは、【考え方】【感じ方】【行動】に変化が起こるように、心理的ブロックを解消していくことを行っていきます。

「失敗したらどうしよう」と考えると、
怖いと感じ、体に緊張(力)が入るため、
思うように動けず、「あー><失敗しちゃった!」ってことが起こってしまいます。

「男の人苦手だなぁ」と考えると、
嫌だな〜、もしくは怖いな〜と感じ、
自ら近づかないようになり、「彼氏ができない!」「結婚できない!!」って悩みをつくってしまいます。


じゃぁ、
「うまくいく!うまくいく!」と思えばいいんじゃないの?
「男の人は平気!」「男の人は怖くない!」と思いばいいんじゃないの?

と思うかもしれませんが、それでうまくいくときと、そう簡単には話が進まないことがあります。

この、話が簡単に進まないから、悩みや問題へと昇格してしまいます。チーン!

「うまくいく!うまくいく!」で本当にそう思えたらいいのですが、「本当に大丈夫かなぁ?」「そんなに簡単にうまくいくのぉー?」とだいたい信じきれていません。
そうして、信じきれていないと、

「あなたの本当の”おもい”ってこっちでしょー!」

といわんとばかりに、うまくいかない思考をちらつかせ、うまくいかない現実を突きつけてきます。

そうして、「うまくいくっておもっても全然だめじゃん!どうしよう!どうしよう!!」とどんどん焦ると、またさらにうまくいかないための思考と現実が交互にやってきて「全然うまくいかない!」のできあがりー

そうして、そんなことを繰り返しているうちに、「私って全然だめー!もう嫌だーやめたーい!逃げ出したーい!もう逃げ出す〜」と本当は好きなことでも、嫌になってしまう…ってことが起こったります。

ナポレオン・ヒルの「思考が現実を創る」とは
「男の人苦手だなぁ」と考えると、
嫌だな〜、もしくは怖いな〜と感じ、
自ら近づかないようになり、「彼氏ができない!」「結婚できない!!」っていう現実をつくってしまうように、確かに思考が現実をつくっています。

ですが、自分が苦手とする分野だと、どうしても望む思考(結婚している自分)より、望まない思考(男の人怖いよぉ〜)の方が強調されてしまい、なかなか思うように現実を変えられません。

「えー?じゃぁどうしたらいいの?」
ってことなんですけど、望まない思考を考えたとき、結構な割合で「怖い」という感情がセットされています。

「失敗したらどうしよう」=怖い
「男の人は苦手だなー」=怖い

この【怖い】っていう感情はどこからきているのでしょう?

この【怖い】があると、人はなかなか一歩を踏み出せません。
一歩を踏み出すために、たくさんの勇気を使ってすすんでいくか、
この怖いを検証し、解消できることを解消しなるべく小さくし、一歩を踏み出しやすくしないといけません。

「何が怖いのか?」
それを検証してみると、「あれ?怖いは勘違い?考えすぎ?」と思えたり、
「あー!昔、お父さんが怖かったからかぁ!」「近所のおっちゃんがこわかったからかー」など、怖いの原因がわかり、

お父さんがこわい=男の人全体がこわい になってるんだ!
近所のおっちゃんがこわい=男の人全体がこわい になってるんだ!

と「ごちゃ混ぜになってた!」ってことがわかってくると、安心感が増えることで、男性への抵抗が減って、自分から話かけられるようになったり、警戒心がなくなることで、相手から話しかけられやすくなったりします。

望む思考を阻止する感情をますは解消してみると、思いの外一歩が踏み出しやすくなれますよ。

 

 


人気ブログランキング

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください