意識と無意識の実験

Pocket

◆意識と無意識の実験

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

ちょっと前に、悩みの解決には外在化(一旦自分の中から取り出すこと)と内在化(一旦自分の中へ戻してみる、自分の問題として取り扱ってみる)を繰り返す…ってことをしていきます。
ってお話したかとおもいます。

この話も以前したかもしれませんが、以前クライアントさんがペーパードライバーだったのを卒業するために、再び講習所に通いはじめたって話をしてくれました。
そして、バックでの駐車で、ハンドルをどう切ったらいいのかわからなくなる…って話をしてくださったんです。

わたしも確かに、教習所でバックでの駐車を練習するとき全然意味がわかんなくて、補講がついたくらい。(笑)
先生も若干呆れながらも、とっても丁寧に教えてくれるも…教えてくれればくれるほど、余計に意味がわからなくなり、
最終的には「〇〇して!」と先生、あきらめられちゃいましたwww


いまだによくこの理論?が理解できていません(笑)
頭で考えて説明ができません。
けど、これまで事故もなければ、一度も人の車や物にぶつけたことはありません!(ちょっこっと壁ですったことはあるけど…本当にちょっとで、修理に出すほどもないくらい、小さなもの)

で、この話をクライアントさんとした日、この時もバックの説明をできず、「今度会った時に、説明できるように、どうすればいいか理解しよう!」と思って、家に帰って駐車しようとすると…

超パニックwww

えーーーーーー!全然入れ方がわかんなーい!
なんか思うように車をうごかせてなーい!
えーーーーーー!どうするんだっけー????
と全然入れられなくなっちゃいました(笑)

「これじゃいかん!」
と思って、もう一度車を前に出し、
「何も考えない!!!!」と入れ直したら、す〜〜〜と入れられたのでした(笑)

ご相談の中でもよくあることなのですが、このときの私のように意識すればするほどうまくいかないことが起こることが多々あります
なので、こんなときは私の車庫入れ同様、
【とりあえず、なにも考えないでやってみる!】

ってことをやってみるとうまくいくケースがあります。
いい意味の諦めをするんです。
考えば考えるほど…意識することで頭がパニックを起こし、思うようにできなくなってしまうんですね。

私同様、車のバックの駐車がサクッと今、説明できない方で、でも、バックの駐車ができている方は、広いところで、安全に注意して「どうハンドルをきったら、どう車がうごくのか?」とかを考えながら駐車してみてください。
この話をして試した方が結構な割合でパニックを起こしています(笑)
わけわかんなくなると思いますよ。
よかったら、やってみてください。

【意識した途端、パニックになる】が体感できるとおもいます。

これ、外在化の悪い例です。
落とし込んだものを出すことで、混乱を起こしてしまっているのです。
あがり症などで「緊張しないように!」「失敗しないように!」と意識すればするほどうまくいかないのといっしょなんです。
なので、こんなときは【意識しない】【考えない】【無になる】【無意識に任せる】ってことをするといいです。

わたしも「考えない」とおもって駐車したらできたのと一緒です。
(これもバックの駐車実験のとき、あわせてやってみるといいかもですね。)

で、悩みの解決はこれを逆手にとってるんです。
無意識に繰り返しているパターンを意識化することで、無意識にやっていることをスパッ!とやめてしまう…ってことなんです。
バックの駐車ができていたのに、できなくなるように…
無意識でやっている、やめたいこと、できないことを意識化すれば、それを終わらせることができます。
気がつけばやめれるようになるんですね。
もしくはできるようになるんです。

そして、今度は自分にとって心地いいことをインストールし、無意識にそれが自動で動いてくれるところまで落とし込むんです。

私が教習所で意識的にバックの駐車方法を学び、それを無意識まで一旦落とし、何も考えなくても駐車できるようにしたように…

こうして、無意識と上手に付き合うことができると楽しいし、面白いですよ!
セラピーでは、この無意識化されたことを、ワークを使い意識化するってことをします。

そして、その後、心地いいことを無意識化していきます。

意識化、無意識化をいろいろ試してみてください。

 

 

 


人気ブログランキング

 北九州・福岡 カウンセリング ルーム
 Khaang  cay   

     menu・価格一覧  / セッションのご案内 / 引き寄せレッスン♪

  お申し込み  /  お客様の声 / よくあるご質問 / メッセージ 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください