素直に愛情が受け取れず、孤独感が増す

Pocket

◆素直に愛情が受け取れず、孤独感が増す

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

今日は、2018,5にアップした記事の再アップです。

前回は、境界性人格障害(ボーダーライン)の特徴を1つご紹介しました。

「理想化とこきおろしがあれば、そう!」というものではなく、境界性人格障害を判断するには、アメリカの精神医学会が定めた指針である【DMS】に記載されているうちの5つ以上に当てはまる場合に、境界性人格障害が疑われるとされています。

その指針とは、

・理想化とこき下ろしによって、対人関係が不安定

という、他に、

・見捨てられ不安があり、人の気持ちを繋ぎとめようとする
・アイデンティティの混乱
・自傷行為を繰り返す
・過食、自殺行為を繰り返す
・情緒不安定
・常に空虚感がある
・怒りのコントロールができない
・解離性症状が現れることがある

物事を「好きか嫌いか」「敵か味方か」など
【白黒はっきりつけないと気が済まない!!】
そんな極端な考えなので、安定した関係を人と築けなかったり、
心に安心感を感じることがなかなかできません。

すごく愛情を求めながら、すごく孤独感を深めていっています。

 

 

 


人気ブログランキング

 北九州・福岡 カウンセリング ルーム
 Khaang  cay   

     menu・価格一覧  / セッションのご案内 / 引き寄せレッスン♪

  お申し込み  /  お客様の声 / よくあるご質問 / メッセージ 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください