つい「私が悪い…」と考えがちの方へ

Pocket

◆つい「私が悪い…」と考えがちの方へ

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

【2017.3.27 の記事を加筆・修正した、再アップ記事です】

【ご自分を責めながら生きている】方って結構いらっしゃいます( ;∀;)
私の〇〇が悪いから、こんな状況になっている
私が悪いから、〇〇しないと…
どうせ、私が悪いんだし…
私の〇〇が悪いから、治したい、変えたい…などなど
「悪いのは、全部私のせい」と。
それ、全然間違いですから!

もし、なにか「悪い」という状況があっても
「誰か一人が絶対悪い!」ってことはないと思うんです。


いろんな不運が重なった故…だと思うんです。
そして、一見「悪い」というように見えても、そうでないことってたくさんあります。
「わるい」とみて、「わるい」で終わらせず、次の一手を考えてみませんか?

だから…

もし、自分を責めることをしているのなら、今日から、やめましょう。
今から、やめましょう^^
即、やめましょうw
身体に良くないですよ。
しかも、いい解決策が浮かばない思考パターンになっちゃいます。
いいヒラメキを産むためにも、もう自分を責めることを本当にやめてみてください。

そんな【自分を責めてしまうような思考癖がある方】に少し考えてほしいことが3つあります。
まず一つ目に…

 

本当にあなたが、もしくはあなただけが悪いのですか?

 

 判断の基準が常に「良い」か「悪い」の二者択一になっていませんか?
この二つで考えようとすると自分か相手を攻めることになってしまいます。

 優しい方だと、どうしても自分を責めることになり、自分で自分を苦しめることが自然と増えていってしまいます。
そうでない考え方もできるはずです。

冷静に状況を見てみてください。
ノートに事実だけを書き出して見てください。 
本当にその問題ってそんなに大変なことですか?
たとえ、望ましくない状況のときでも「自分が悪い」と考えるのではなく、「どうしたらこの状況を変えられるのかな?」と考えることもできます^^

まずは一旦、今起こっていることを冷静に理解してみてください。
自分が思っているほど悪い状況ではないことに気がつけると思いますよ。
ネガティブな思考が暴走しすぎていませんか?

そして二つ目に

 

事実とは関係なくこれまでずっと「あなたが悪い!」といったようなことを言われたことはないですか?

 

 これまでずっと誰かに責められ続け、それが【当たり前】【当然】となっていませんか?
 だから、起こること全ては「身から出た錆」として捉える癖ができていませんか?

 先ほどと同様に、冷静に状況を見てみてください。
 あなたが悪いから起こった出来事ですか?
 あなただけが本当に悪いのですか?

 

【責めること】が習慣化されていることがあります。
今度は自分を責めない習慣化をして見ませんか?

最後に

 

辛い状況になると「私が悪いから…」と思い、その状況を変えようとしていませんか?

 

 「私が悪い…」そう思えば、この状況が丸く収まる…この状況に納得がいく…
 「私が悪いから」と一人でかぶることで、誰かを守ることばかりを優先し、自分を大切にすることを忘れてはいませんか?

 1つ目の「良い」「悪い」の判断だと自分を優先するか?相手を優先するか?の二者択一になってしまいます。
 心優しいあなたなら、【相手を優先する】ことを選ぶでしょう。
 そして、そう選ぶから今がどんどん辛くなっているのだと思います。
 だからといって、「何も相手を責めましょう」といっているわけではありません。

 

 そうではなくて、お互いを優先するような答えをはないですか?
 自分が悪者にならなくてもいいんです。
 相手を悪者にしなくても大丈夫です。

いつもの視点から
いつもと違う解決策に焦点でたまには考えてみる…
まずはその練習をしてみてください。

日頃の自分の思考・行動癖に気づくことで状況は変えれますよ。
気づいたところから、少しずつ変えていけれたら、大丈夫ですから♪

 

 

 

 


人気ブログランキング

 北九州・福岡 カウンセリング ルーム
 Khaang  cay   

     menu・価格一覧  / セッションのご案内 / 引き寄せレッスン♪

  お申し込み  /  お客様の声 / よくあるご質問 / メッセージ 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください