自分を変えていくために①

Pocket

◆自分を変えていくために①

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

人には【恒常性】っている性質があります。
ホメオスタシスとも言ったりします。

その一つとしてあるのが体温。
お一人、お一人自分の平熱っていうのがありますよね?

37度近い人もいれば、36度くらいの人もいますし、それをきってしまう方もいるかと思います。

人それぞれ平熱は違いますけど、お一人お一人の体温って日によってそんなに違いませんよね?
昨日は37度だったけど、今日は35.5度。
明日になったら、36.5度…なんてコロコロ変わらないでしょ?
これが恒常性で一定であろうとする、人にあるシステムの一つなんです。


なんで、風邪をひいたりして体温が上がってしまうと、自分たちでも自ら体温を下げるために薬を飲んだりしますが、私たちの体も汗をかいたり、菌をやっつけようとして、体温が下げ元の状態まで下がるように体が動いてくれます。

なんで、36.5度は一般的には高熱の状態ではないですが、体温が通常35度とかの方だと36.5度になってしまうと既に、ヒーヒーいっちゃう状態ですよね?
(36.5度の人が38度になったようなもんですから!)

「やっと平熱になったー!」って素直に喜べない状態です。

なぜなら、自分のホームグラウンドから外れてしまっているから。
だからまた、35度まで下げようと恒常性が働き、自分も自分の身体もそのように働きかけるんですね。

35度とは一般的には癌の発生率が高いと言われています。
なので、不都合が生じやすくてもホームグラウンドに戻ろうとしていまうのが人の身体なんですね。

そこで「癌になりたくなーい!」「癌を治すためにも体温を上げるんだー!」と体温を上げる努力(筋トレなどをして)をすれば、平熱を上げることは可能なんです。
実際、わたしも癌のためではなかったのですが、運動をするようになったら35度台だった平熱が36.5度くらいまで自然と上がりました。

つまり、私の平熱のホームグランドが35度台から36.5度に変わり、体温が常に36.5度になるように恒常性が働くようになったんです。
37.5度の熱がでて下げることをしたからって35度台まではそう簡単にはいきません。
私の恒常性が36.5度で今は働いているからなんですね。

何がいいたいか…っていうと、まず

①人には恒常性っていうシステムがあること

②そのシステムのおかげで、よくも悪くも自分のホームグラウンドに常にもどろうとする、もしくはそれにあった状態になろうとする

③けれど、ホームグランドは変えることができる

ってことなんです。

今回、身体についてお話ししましたが、この恒常性システムって同様に
【心にも作用する】んです!

今日は長くなったので、この話の続きは次回にさせてもらいますね。

 

 

 


人気ブログランキング

 北九州・福岡 カウンセリング ルーム
 Khaang  cay   

     menu・価格一覧  / セッションのご案内 / 引き寄せレッスン♪

  お申し込み  /  お客様の声 / よくあるご質問 / メッセージ 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください