イライラが止まらないとき

Pocket

◆イライラが止まらないとき

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

「毎日、すごくいらいらするんです」「イライラが止まんないんです」っていうご相談を受けます。

「どういうときにイライラするんですか?」と伺うと、子供が…旦那が…上司が…会社の人が…などなど特定の人とシュツエーションを話してくださいます。


カウンセリングの方法で【傾聴】っていうのがあります。
ざっくりいうと、クライアントさんのお話を聞いて、共感するってことをして、クライアントさんが抱えているモヤモヤを解消していきます。

なぜなら、人は感じている感情を感じたり、共感されることでそのモヤモヤが解消されるからなんです。

なので、クライアントさんが話している人やシュチュエーションからのエピソードで感じる感情に、今回の場合で言えばイライラすることがその人とエピソードに本当にリンクしていれば、感じたり、共感してもらえることでイライラって解消できるんです。

けどっ!!!!
感じたり、共感してもらったりをいくらやっても解消できないときがあるんです。

「子供が…旦那が…上司が…会社の人が…〇〇で〇〇だからイライラが止まりません!」と話してくださり、本当にそのことでイライラしていたら解消できますが、

状況的には「子供が…旦那が…上司が…会社の人が…〇〇で〇〇だからイライラが止まりません!」ってことかもしれないけど、それとは別のところに理由があると、いくらセラピストさんに「子供が…旦那が…上司が…会社の人が…〇〇で〇〇だからイライラが止まりません!」って部分に共感されても解消できないのです。
なぜなら、【別のところに理由があるから】こっちの部分で共感してもらえないと今あるイライラはなくならないのです。

「子供が…旦那が…上司が…会社の人が…〇〇で〇〇だからイライラが止まらない!」って思っていても、本当は【別のところに理由がある】にイライラしていることが多いのです。

※イライラを怖い、悲しい、腹がたつ、怒りなど別の感情に置き換えてもらっても同様です。

なので、こういうご相談をいただいたときも、「子供が…旦那が…上司が…会社の人が…〇〇で〇〇だからイライラが止まらない!」ってところからどんどん掘り下げて、本当のイライラを見つけていきます。

なので、本当にイライラしていく部分に辿りつくと
●スッキリした!
●イライラしなくなった!
●考えても何も感じない、なんとも思わなくなった!

ってなるんです。
そうして行きついたところを思い返してみると
【まさか、このことにイライラしてたなんて!】ってとこに辿り着くんです。

ここだけの話「そうかと思っていました!」って言われると、内心まだまだ核心へたどり着けていないのかな!?って内心焦ります。
なぜなら、「そうかと思っていました!」ってすでに意識できているので、意識できているのであれば、解消できているはずなんです。

でも、イライラが解消できていないのであれば、それはまだ無意識にある部分となるのでクライアントさん自身は気づいていないはずなんです。
その、クライアントさん自身がまだ見つけられない想いを見つけていくのが心理セラピーだったります。

イライラからは少し離れますが、よくある話で対人恐怖や人間関係に悩みがある方で、「過去にいじめられた経験があって…」と「そこに原因が…」って思っている方がいたりします。
もちろんそんなケースもありますし、それも一つの要因となっているとはおもいますが、そのいじめ体験を解消するセッションをなんどやっても対人恐怖が変わらない…っていうときはそこが原因でなかったりします。

最初の話でもある、「子供が…旦那が…上司が…会社の人が…〇〇で〇〇だからイライラが止まらない!」って思っていても、本当は【別のところに理由がある】にイライラしていると同様です。

そこでさらに掘り下げていくと…というか、どんどん勝手に思い出されて行く方がほとんどなんですけど、
「そういえば、小さい頃父親が短気で家の中がピリピリしていました…今は温厚になったので忘れていました!」とか
「母が小さいころすごく厳しくて!ちょっとでもミスするとすごく怒られていました!」なんていうエピソードが出てくるんです。

「友達がこわい!」とばかり思っていても解消できなかった対人恐怖が、「親が怖かったんだ!」って気づき、感じることで対人恐怖が解消したりするんです。

そうして、両親に感じた「怖い」に共感していくと、「あれ?あんまり目の前の人間関係が怖くなくなった!」ってなるんです。

感じた感情を素直に感じていけば、自然と解消できるように人はなっているんです。
でも…傷つきたくない…我慢しないと…かわいそうって思われたくない!泣いたり怒ることを禁止されてた!っていうとき、無意識に感情を感じることを禁止するため、自然に解消できず、怖いやイライラ、怒りがどんどん蓄積され、

その感情を通して世界をみることで、
「世の中がカオス〜〜〜><」
と今の世界が悲惨なものとなり、危険でいっぱい!怖い!辛い!苦しい世界になってしまうんです。

心理セラピーではこの蓄積された感情を解消していきます。
過去に蓄積されたものにヒットしたら「あれ?」なるから不思議なんです。
過去の辛い経験を話している時、「これまで涙なしには語れないー」って話も、淡々と過去の出来事として話せるようになります。
「そこに何の感情もない!」ってなるから、面白いんです。

<つづく>

 

 

 

 


人気ブログランキング

 北九州・福岡 カウンセリング ルーム
 Khaang  cay   

     menu・価格一覧  / セッションのご案内 / 引き寄せレッスン♪

  お申し込み  /  お客様の声 / よくあるご質問 / メッセージ 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください