自信があるとか、ないとか

Pocket

◆自信があるとか、ないとか

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

「自信がないから自信が欲しい」と思うとき、「自分には自信がある!!!」と強く思えば思うほど苦しくなってしまいます。
無理矢理、ポジティブシンキングになるパターンです。

自信がない(とおもっているときの自分)= それが私!というとき、
「自信がある!」と思い込もうとすることは自己否定にもなり、元の状態に戻ろうとする人のシステム上引き戻しが起きるため、強烈な自信がない状態や不安な気持ちがドバー!!!と襲ってきてしまうんです。

そうして、どんどん【自信がない】状態が強化されてしまうんです。


だからと言って、いつも「自信がない」「自信がない…」と自分に言い聞かせていれば、それはそれでそれが自己暗示になってしまい、やっぱりどんどん【自信がない】状態を強化してしまいます。

数字で例えていうなら、通常の自己評価が50のとき、無理に自分を100と思い込んでも、通常の自己評価に戻そうと力が働いてしまうんです。
だから、平均の50にするために自己評価が0の状態に一旦もっていかないといけなくなっちゃうわけです。
この0の状態は、50のとき以上の自己否定感(自信のなさ)を感じることになるのでどんどん辛くなってしまうんです。

この100とか0を行ったり来たりしているとすごくしんどくなってしまうし、この行ったり来たりを繰り返すことで、もともとあった50の自己評価もだんだんと下がっていってしまうことになるので、無理やりに「自分に自信があるんだーーーー!」と思うことはあまりおすすめできませんってことなんです。

だからといって、「私はどうせ50だし…」と言い続けていても辛い状況はかわらないし、成長もありません。
「50で諦めよう!」「50を受け入れろ!」ってことでもないんです。

「私は50だ!」と言い続けてしまえば、50の状態から抜け出せなくなる、今の状態から変わりたいときでも変われなくなるので、「私は50だ!」ってことを言い続けることもおすすめできません。

自信があるとか、ないとかってあんまり気にしない方がいいんです…
「私は50なんです!」と言い続けるように、「自分には自信がないんです」と言い続けていると自信はいつまでたってもつきません。
【自分には自信をつけません!】っていつも言っているようなものだから…

だからといって、先ほどお話したように、
「私は100です!」と「自分は自信があります!」と大きく見せたところで、本当は小さい自分、見たくない0の部分(自信がない)の自分がいっぱい見えてきて辛くなってしまいます。

何度もいいますが、自信があるとかないとか気にしなくていいんです。
気にしないようにして、ただ淡々と目の前のことをこなしていくと、今度は自然と50が55、60…70…ってなっていって、気が付いたときには100になってて、過去にあれだけ欲しいと思ってた自信をすでに持ってた!ってことになるんです。

「自信をつけよう!」「つけよう!」とするから、揺り戻しでどんどん自信がなくなってしまうんですね。
やればやるほど、自信を失っていくのです。

でも…自信があるとかないとかとりあえず忘れて、目の前のことをこなすこと、やると決めたことを淡々と繰り返すことで自信ってついていきます。

一気に100を望んで、一発逆転を狙うからくるしくなってしまいます。
ただ、淡々と…
コツコツではないですよ!!
淡々と…です。

淡々とこなしていくのです。
些細なことを…
自分が望んだことを…
自信があるとかないとかに振り回されないでください。

 

 

 

 

 


人気ブログランキング

 北九州・福岡 カウンセリング ルーム
 Khaang  cay   

     menu・価格一覧  / セッションのご案内 / 引き寄せレッスン♪

  お申し込み  /  お客様の声 / よくあるご質問 / メッセージ 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください