行動力と孤独感とあがり症

Pocket

◆行動力と孤独感とあがり症

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

前回の続きです。
前回【行動力と孤独感】について書きました。

帰れる場所がないので行動できないっていうケースがあるということをお話ししました。
こんな孤独感を抱えながら、行動していると私のようなケースになっちゃうお話を今日はしたいと思います。


私はどちらかというと行動力はあるほうでした。
なので、なんでもやってきたほうです。
ですが、前回のお話同様帰れる場所がないまま行動を重ねたことで、私はあがり症になってしまったんです。

ある資格試験では、本当にびっくりするくらい足が痙攣したんです!
もちろん、自分でコントロールできるはずもありません。
正直、自分でも引くくらいガタガタを震えたのです。

前回もお話したように、行動にはどうしても失敗はつきものです。
うまくいく可能性同様、失敗する可能性は必ずあるのです。
でも、人はその失敗の可能性も引き受けながら、向上心をエネルギーに前進もうとするわけです。
それができるのも失敗したとき、いざというとき、帰れる場所、セーフベースがあるからできちゃうわけですね。

私の場合「失敗すること」を思ったとき、「失敗しても大丈夫だよ!」などの安心感のイメージよりも、母の「情けない!」という母の表情と言葉が浮かんでくるんです。
人によっては期待している母親の顔が浮かぶかもしれません。

そうして、チャレンジするときに誰にでもある、失敗への恐怖心に、「失敗してはいけない!」という余計な失敗に対して恐怖心を感じるようにもなることでどんどん自分を追い詰めてしまうことがあるのです。
失敗して、がっかりする…悲しい…傷つく…という恐怖心に
情けない!がっかりされる!という惨めさ、悲しさ、辛さが加算されるので、さらに恐怖心が大きくなってしまいます。
こうして、人一倍失敗に対して恐怖心を感じることになってしまうんです。

そんな思いを無視して?気づかず行動していると、ストレスはどんどん加算されていきます。
そうして、資格試験など大きな舞台になればなるほど、プレッシャーもかかりさらに失敗もどんどん怖くなってしまうのです。
そうして足が震えたり、頭が真っ白になったり、心拍数が異常に早くなってしまったり、汗が止まらない〜ってことになってしまうのです。

本来、安心して帰れるはずの場所が、そうではない場所になっているだけでなく恐怖心の源になっているのですから。
セーフベースを持たないまま進んでいたんだということになります。
恐怖心と戦いながら、恐怖心を抑えながら進んでいった結果があがり症の症状だった…というわけです。

私のように無理して行動を続けていることで、ストレスがたまり身体の痙攣を起こしたり、頭が真っ白になったり、心拍数が異常に早くなってしまったり、汗が止まらない〜と身体的症状として失敗への恐怖心があふれでる方もいれば、

行動しうまくいっているときはいいのですが、失敗をしたとき
失敗を認めれらない…
失敗を隠そうとする…
失敗をごまかそうとする…といったような失敗を受け入れられない方もいるように思います。

私のケースで当てはめれば失敗を受け入れたら、それと同時に「情けない!」という惨めさだったり、余計に悲しくなる思いをすること、孤独感を感じることになります。
なので、ミスを隠す、ミスをないことにする…問題を先延ばしにしてしまう…人のせいばかりにする…改善しようとしない…などといったことをしてしまうのです。
帰れる場所がないのですから…突き進まなくてはならないのです。

周りの期待が多いケースで当てはめれば失敗を受け入れたら、それと同時に「お母さんに嫌われる」という見捨てられる恐怖だったり、「がっかりされる」など注目を失う恐怖だったり、孤独感を感じることになります。
なので、ミスを隠す、ミスをないことにする…問題を先延ばしにしてしまう…人のせいばかりにする…改善しようとしない…などといったことをしてしまうのです。
こちらも帰れる場所がなくなってしまうかも…と思うことで、突き進まなくてはならないのです。

【行動する】ってやっぱり大事なことなんですね。
行動を起こすことで、結果がついてきやすいから。
でも、無理に行動してもよくないことはわかってもらえたかと思います。

前回と同じことになりますが、無理に動くよりもご自分が帰る場所をまずはつくる…安心できる心の場所をつくってみるなど、まずはマインドを整えてみることで行動しやすくなると思います。
失敗へのハードルが低くなってくるから…

こちらも、前回同様、必ずしも「人」とは限りませんからね。
人であると一番いいとはおもいますが、人が無理なら
ご自分が安心できる「なにか?」をつくればいいのです。
帰る「場所(こころの拠り所)」をつくればいいのです。

あがり症の克服にもつながると思います。

 

 

 

 

 


人気ブログランキング

 北九州・福岡 カウンセリング ルーム
 Khaang  cay   

     menu・価格一覧  / セッションのご案内 / 引き寄せレッスン♪

  お申し込み  /  お客様の声 / よくあるご質問 / メッセージ 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください