行動し、結果を出せる人と出せない人

Pocket

◆行動し、結果を出せる人と出せない人

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

例えば、「尽くしたい!」というお世話好きの女性と「尽くされたい!」とい甘えん坊タイプの男性がカップルになれば、ベストマッチとなります。
(もちろん、逆のパターンでも!)
需要と供給がぴったり合っているから

でも…「女性だから尽くさないと…」と本当は甘えん坊気質なのに、【〇〇しなきゃ】の思考で尽くす女を演じていると、当然、「尽くされたい!」とい甘えん坊タイプの男性とカップルになります。
けれど、本質は需要と需要のカップルになっているので、うまくいかなくなったときに「私はこんなに頑張っているのに!」「私はこんなに我慢しているのに!」と甘え気質が顔をだし、喧嘩の原因になってしまったりします。

供給と供給だと、うざい、重い…となるかもしれません。
需要と供給がちょうどいい感じにスイッチングするカップルもベストマッチになりますね。

何がいいたいかといいますと、【〇〇しなきゃ】の思考をしていると初めはいいんです。
きっとうまくいきやすいんです。
自分をよく見せているから、当然相手にもよくみてくれます。

相手に合わせていれば、「自分にぴったり合う娘だなー」と思い、好意をもってくれやすくなると思います。

でも…
先ほども話したように、【〇〇しなきゃ】の思考でしていることは、本当はしたくないことをしていることなので、どうしてもストレスがたまってしまいます。
すると、歪みが生じたときストレスが溜まっているせいで「私はこんなに頑張っているのに!」「私はこんなに我慢しているのに!」って相手を責めたくなってしまいます。

もらえるはずの報酬がもらえないので腹が立ってしまうんですね。
したくもない仕事をして、さらに「お給料なし〜〜」って言われたら、そりゃブチ切れますよね。
のんきに「構いませんよ〜」なんて言えません。
それと一緒です。

そこで問われるわけです。
「あなたはどうしたいの?」って。

好かれるために相手が好むタイプを演じ続ける自分になるか?
「これが私よ!」とありのままの自分で勝負するか?

テクニックとして、演じ分ける分は全然OKですよ(笑)
最初は尽くして、相手が落ちたらキャラを戻すー!とかが上手にできる人っていますよね。
そうする分はいいと思うんです。
それができれば、それが一番いいと思います。(笑)
結果は早いし、自分らしくいられるのですから…
こんな方って【こんな自分でOK】【このままの自分でOK】とそういうちょっとズルい自分も良しとし、全ての自分を愛しています。

でも、自分があるキャラを演じることで、そのキャラに縛られて不満とかを抱えてしまう方は、キャラを演じる際【こんな自分ではだめだ】【このままの自分を見せても愛されるわけがない】と自分を否定し、そのキャラを演じつことで愛されようとしています。
ちゃんと自分を愛することができていないことが多いのです。

【何をしたらいいのか?】【どうしたらいいのか?】という行動が全ての結果をつくるのではないんですね。

その行動をするとき、自分の前提やマインドがどう違うか?で、同じことをしていても結果は違っていきます。

行動は必要です。
でも、その前に自分の気持ち・前提はどうなっていますか?

ありのままの自分にOKをだし、
ありのままの自分を愛し、これでよし!と感じられていますか?

その前提でいろんなテクニックを使うととっても楽しいことになると思います。
恋愛の駆け引きを楽しんだりも、そう。

でも、
ありのままの自分が嫌で、
ありのままの自分を隠すためにテクニックを使っていれば、どんどん自分を追い込むこととなり、苦しくなってしまいます。
恋愛の駆け引きどころではありません。

自己肯定ベースなのか?
自己否定ベースなのか?

自己否定ベースなら、自己肯定ベースに変えることで、今やっている行動を変えなくても、結果は違ってきます。
自己否定ベースだったのならば、今すぐ変更しましょう。

 

 

 

 


人気ブログランキング

 北九州・福岡 カウンセリング ルーム
 Khaang  cay   

     menu・価格一覧  / セッションのご案内 / 引き寄せレッスン♪

  お申し込み  /  お客様の声 / よくあるご質問 / メッセージ 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください