無業者と引きこもりと自信のなさ

◆無業者と引きこもりと自信のなさ

内閣府の 平成27年版 子ども・若者白書によると、15~39歳の若年無業者は76万人いるそうです。
年齢階級別だと、15~19歳が8万人、20~24歳が14万人、25~29歳が16万人、30~34歳が18万人、35~39歳が20万人。

年齢を重ねていくたびに増えていくことも気になります。


内閣府ホーム >  平成27年版 子ども・若者白書(全体版) > 第2節 若年無業者,フリーター,ひきこもり

求職活動をしない理由や就業を希望しない理由は、『病気や怪我』という理由が最も多いようです。
その他にも、『自信のなさ』という理由から仕事に就くことへの不安や傷つくことへの恐れから求職活動、就職ができずにいるのかもしれません。

また、「ふだんは家にいるが、自分の趣味に関する用事の時だけ外出する」者を含む広義のひきこもりは、69.6万人いるそうです。

内閣府ホーム > 平成27年版 子ども・若者白書(全体版) > 第2節 若年無業者,フリーター,ひきこもり

その引きこもりになったきっかけは、上の表にもあるように、『職場に馴染めなかった』『人間関係がうまくいかなっかった』とここでも『自信のなさ』が影響していますね。

つまり、『働きたくない』わけではなく働いていく自信がない、働く中で傷つくことが怖い、失敗することが怖い、働くことへの不安でいっぱいで働くことを選択できないように思えます。

自分を守る術が、社会と自分を遮断すること、人と自分を遮断することでしかできないと思っているから、無業者と引きこもりとなったのではないのかな?と想像します。

「このままでいい」と本気で思っている人は少ないと思うのです。
「このままではいけない!」と思いながらも『どうしても怖い』そんな気持ちにのみこまれて身動きが取れない、働けないだけじゃないのかな?と思うのです。

だからもし、今、無業者と引きこもりということでお困りなら、まずは自分のそんな【怖い】という気持ちを認めることです。
プライドが傷つくことかもしれませんが、まずは【自分は働くことへの恐怖がある】ことを勇気を持って認めて欲しいと思います。

そして、その働く恐怖とは何か?ともう少し詳しく探ってみてください。
人と接することが怖いのか、失敗することが怖いのか、誰かに評価されるのが怖いのか?など恐怖の根源を見つけてみてください。

そうすると、働くことが怖いんじゃない!人と接するのが怖いんだ!とわかれば、営業職や接客業はさけ、一人で作業を行う職場を探してみたり、もしくは少ない人数の職場、人の入れ替えが少ない職業を選ぶ方がいいと思います。
人と接するのが怖いのに、いつもいつも「はじめまして!」が多い職場を選ぶとそりゃ地獄です。
やめたくもなれば、仕事したくもなくなります。

失敗するのが怖いなら、ルーティーンな業種を探してみるといいですよね。
慣れるまで大変かもしれませんが、慣れてしまえば失敗することは少なくなると思います。
そうして、自分の中の【怖い】を見つけて、それを感じることが少ないところから徐々にはじめていくと、そこでの経験が自信につながると思います。

この時、【怖い】を感じながら勇気を持って一歩踏み出してみてくださいね。
我慢したり、抑えようとしなくていいです。
怖さを認めながらはじめてくださいね。
そうして自分の世界を広げていくことも一つの方法だと私は思います。
「自分のやりたいこと」と「できること」にギャップが生じると少しそこで辛さも感じるかもしれませんが、まずは【今の自分に向いているところ】からはじめてみてはいかがですか?

「いやいやいや!自分は〇〇がしたいんだ!でも失敗するのが怖い!」
「人は怖い!でも人とも上手に付き合えるようになりたい!」
「もっと自分に自信がつけば、できると思うんだ!」
そう感じられるのなら、過去の傷を癒すことが先決になります。

この部分はカウンセリングの部分にもなりますが、ご自分でもできますのでよかったらチャレンジしてみてください。

例えば、
過去に失敗して恥ずかしい思いをした。
悲しい思いをした。
過去に人からすごく傷つけられた経験をした。
何をやってもいつも怒られてばかりだった…など
過去の傷が癒えていないことで今の恐怖や不安をつくっています。

その時の出来事を思い出し、ノートにその時の正直な気持ちが書き出してみてください。
書いた後は捨てれば大丈夫なので、汚い言葉、文脈なども考えず、思いつくまま、感情のまま書き出してください。
スッキリするまで。
何度でも繰り返し、行ってみてくださいね。

そうする中で、気づきや学びがそこからあるといいですね。
感謝の言葉まで出たりしたら最高ですが、そこまでしなくても大丈夫です。
そして、本来の自分を取り戻してみてください。
そうするとで、これまで自分がこだわっていたことがなくなっていきますよ。

ある意味、自信というものが取り戻せていけますよ。

 


人気ブログランキング

北九州・福岡 カウンセリング ルーム
Khaang  cay   < cocoro no release >

   セッションのご案内 / お申し込み  /  お客様の声 / よくあるご質問

日常のことなんかを書いているアメブロもやっています♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です