「ピンチはチャンス!」って本当?

Pocket

◆「ピンチはチャンス!」って本当?

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

心の仕組み宇宙の仕組みをお話するのはとっても楽しいです♩

これまでの「なんでこうなるの?」「どうしたらいいんだろう…?」「どうすればいいんだろう?」などなどの疑問が解け、
【こうだったから、こうなったんだ!】とこれまでうまくいかなかったことや辛かったこと、苦しかったことが腑に落ちたとき、とても救われる気分がします。

そして「じゃぁ、今度はどうする?」と逆に心や宇宙の仕組みを利用して、自分が望む世界にフォーカスしたした途端、一気に希望が湧いてきて本当にワクワクします。

ピンチはチャンス!
とはよく言ったものです。

「ピンチはチャンス」とかの巷で聞く、ポジティブワードを私は結構小馬鹿にする方だったのです。
ですが、心や宇宙の仕組みが理解でき、その真意がわかった途端、巷でよく聞くポジティブワードが「お見事!」「すごーーーーーー!」「そういうことだったんだね…」と面白ワードに一気に変わっていきました。

以前なら「ピンチはチャンス!」とかの言葉を聞くと、
「『ピンチをチャンスとたらえたらってことでしょ…?前向きになれ!』って言わんとすることはわかるんだけど、ピンチならピンチはやっぱりピンチじゃない?
チャンスとか云々言ってる場合では
ないのでは???
とりあえず、そのピンチをどうにかした方がいいんじゃない?」

って思う超現実主義だったんです。
(ただ単に私の解釈ミスだったのかも…だけど…)

だけど、今となってはこの言葉の本当の意味が理解できました。
心や脳、宇宙の仕組みとして、
「ピンチだ!ピンチだ!どうしよう><どうしよう><」の状態のまま
「とりあえず、そのピンチをどうにかした方がいいんじゃない?」
に対応しようとしてもうまくいきません!

頭が、「ピンチだ!ピンチだ!どうしよう><どうしよう><」だと
プリーズ モア ピンチ!!!!!
(ピンチをもっとください!!!!!)

の状態になっているんで、もっともっとピンチの状態へ突き進むことになっちゃうんです。
まるで坂道を転げ落ちることのようなことになってしまうんです。

だから、ピンチをチャンスに変えるために…
【ピンチ】と感じている対極の状態をゴール設定しないないといけません。

例えば、仕事で大事に書類が見当たらない…
「ピンチだ!ピンチだ!
書類がない!ない!ない!どうしよう><どうしよう><」
と無作為に探しても見つかりません。
自分を責めても何も変わりません。だから…

▶︎もしどこに置いたか忘れた気がする…なら、
「書類はどこかにある…どこにある?」とあることを前提にし、脳に検索をかけることで見つかりやすくなります。
家にあるのか職場にあるのか…など、考えたほうが見つかりやすいのです。

▶︎もし間違って捨てた覚えがある…なら、
「きっとあの書類では良くなかったんだ!今から作ったらもっといいものが作れるかも!」
と新しい書類を作成する。
そしたら、時間内に最高の書類ができた!などのミラクルが起こったりするわけです。

ピンチ(書類がない)の対極の自分が望む結果(書類がある)にフォーカスする…ことが大切なんです。

「そのうち出てくるんじゃない?」(←時には必要なときもあるけど…w)と、むやみやたらポジティブになっても仕方がないんです。
これだと、周りはいい迷惑です。
そうではなくて、自分がピンチに感じることの対極のもの=チャンス(自分が望む結果)に目を向けることの大切さを教えてくれている言葉なんじゃないのかな?って思うんです。

引き寄せレッスン♪ではこの練習をいっぱいしてもらいます。
慣れるとすごく楽しいし、毎日の生活で嫌なことが起きるたびにウキウキしてきます(笑)
「必死に探さないでね…」とお話するくらいwww

嫌な出来事が嫌な出来事のままではなくなるんです。

嫌な出来事をウキウキに変えれるなんて、最高!最強!だと思いません?
嫌な出来事を恐れなくなるんですから^^

楽しい、理想の世界を創っていきましょう。

 


人気ブログランキング

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.