我慢は我慢を呼び、愛は愛を呼ぶ

Pocket

◆我慢は我慢を呼び、愛は愛を呼ぶ

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

【我慢は我慢を呼び、愛は愛を呼ぶ】
もうこれは、心の法則・宇宙の法則なので逃れようがありません(・∀・)

我慢している人はどんどん我慢しなきゃいけないことが増える一方。
愛を感じ、発する人は、どんどん愛を感じ、吸収していく一方。
それは、お金や仕事とかもろもろ同様です。

「え?じゃぁこのまま我慢が続くの?」
『嫌な環境は変わらないってこと?』
「私は幸せになれないの?」
と思われるかもしれませんが、自分の内側のものと引き合うってことなので、「我慢が嫌ならどうしたいの?」と望む方へフォーカスしないといけません。

だから、愛や幸せ、喜びにつながる方へ方向転換しないといけないということです^^

例えば、我慢癖がつき、自分を表現するよりも抑えていることが多いのなら、

自分をどんどん表現していく=自由にしてあげる

ことが大切になります。
そうすることで方向転換できるんですが…

みなさん、それはきっとわかっていると思うのですが、
【表現したくても、抑えてしまう(表現できない)】できっとお困りだと思います。

さぁここで、ちょっと考えて欲しいのですが、
●なぜ、抑えてしまうのでしょうか?

・表現すると何か困ったことが起きますか?
・もし表現したら、どうなることを考えていますか?
・ちなみに、これまで表現したことはありますか?

【表現すること】に対して恐れている理由

を探ってみてください。
そこに、抑えてしまう理由もあります。

そして、その理由と自分が和解しないといけません。
和解することで、恐怖も小さくなるので表現しやすくなります。
今日はその和解の方法をご紹介したいと思います。

その抑えてしまう理由を見つけて、その理由をギャーギャーゴネている子供だって思ってみてみてください。
そのギャーギャー「嫌だ!怖いよ!」って言っている子供をなだめるとしたら、あなたはなんて言ってあげますか?

例えば
『表現したら、きっとみんなが笑われる(恐れている理由)』
そうギャーギャー言っている子供がいたら、その子が表現できるようになんて言葉をかけてあげますか?

その子が『うん!やってみる!!』『頑張ってみる‼︎』と明るく元気に返事するために、なんて言葉をかけてあげますか?

「とっととやんな!グズグズ言ってないでやんなさい!!」

とは言いませんよね!?(笑)
言ったとしても、『うん!やってみる!!』『頑張ってみる‼︎』と明るく元気に返事はしませんよね?

『うん!やってみる!!』『頑張ってみる‼︎』と明るく元気に返事できるように気持ちをなだめてあげてみてください。

ギャーギャー言ってる子供をなだめるように、自分の気持ちををなだめてみてください。

恐れている理由=自分の中の制限(枠) なんです。
その制限があるから、頭で表現したいと思っても、実際に…となると表現できないのです。
だから、
その枠を外す=ギャーギャー言ってる子供をなだめることができた とき表現できる(自由な)自分になれるんです。
そうして、我慢の方から方向転換できたら、今度は自由が自由を呼んでくれるようになるので、どんどん開放感を感じられるようになれますよ。

よかったら、ちょっと練習してみてくださいね^^

 

 

 


人気ブログランキング

 北九州・福岡 カウンセリング ルーム
 Khaang  cay   

     menu・価格一覧  / セッションのご案内 / 引き寄せレッスン♪

  お申し込み  /  お客様の声 / よくあるご質問 / メッセージ 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください