うまく引き寄せが起こせないかたへ…

Pocket

◆うまく引き寄せが起こせないかたへ…

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

先日パン屋さんにいった時のことです。
そこのパン屋さんはトングとトレーがお店の中央に1ヶ所あるお店だったんです。(そんなに広くないお店だからというのもあるのですが…)

私がパンを選んでいると、親子連れの方がトングとトレーを探しているようでした。
「けど、ない…でも、みんな持ってる…あれ?どこどこ?」みたいな雰囲気で顔を見合わせているようだったので、「ここですよ」って教えてあげたのですが、そのトレーとトング…

 

 


二人の目の前にあったんです(笑)

 

「トングとトレーが欲しい!」と思って探していても、「トングとトレーは普通入り口にあるよね?」という固定観念があると、意識は入り口のほうへいっているので、中央にある、しかも自分たちの目の前にトングとトレーがあってもなかなか気づけないものなんです。
(この方達がどうとかはわかりませんよ。この辺は私がつくっているフィクションであります。)

これ、悩みごとがある方うまく引き寄せができない方によく起こっていることなんです。

 

先入観、思い込み、固定観念、前提、信念…いろんな言い方ができますが、これらがあることでトングとトレーを見過ごす親子さんのように、目の前にあるものに気づけなくなってしまうんです。

「あるわけがない」という先入観で、
中央を見ようとし「ない」
もしくは見ていても「ない」と無意識に排除しているからあることを認識しない。
なぜなら…あるわけがないとおもっているから。

しつこく、「あるわけがない」で挟んで書きましたが、(笑)
「ない」としてみているから【ない】現実を自分が…
自分の脳が創ってしまい、盲点を創ってしまうんです。

悩み事が解決できない…
引き寄せでオーダーしてもちっとも届かない…

というとき、
「トングとトレーが欲しい!」というオーダーだけでなく、まずは自分の固定観念、先入観を変えないといけません。

「トングとトレーはどこかにあるはず!」と【ない】の意識から【ある】の意識に変えてから探してみるとみつけやすくなったはずです。

「お金が欲しい」「彼氏がほしい」というとき、
「お金ががないからお金が欲しい」
「彼氏がいないから彼氏が欲しい」という【ない】の意識からのオーダーになっていませんか?

すると、【ない】意識からのオーダーになるので、結果は【ない】になってしまいます。

ではなくて、
まずは【ある】という意識からオーダーしないと、結果は【ある】にはなりません。

悩みの解決も「誰かにどうにかしてもらおう。なぜなら、私には解決できる力が【ない】」という意識のままでは解決はできません。
前提が、「解決しません!できません!」っていっているようなものだから…

ではなく、「私はこの悩みを自分で解決する!なぜなら、私にはその力が【ある】」という意識で問題解決していくと、脳が勝手に「解決しなくちゃ!」と解決策を見つけてくれます。

あなたの思考はどちらに傾いていますか?
【ない】に傾いているのなら、今すぐ【ある】に意識をシフトしてくださいね。

 

 

 

 

 


人気ブログランキング

 北九州・福岡 カウンセリング ルーム
 Khaang  cay   

     menu・価格一覧  / セッションのご案内 / 引き寄せレッスン♪

  お申し込み  /  お客様の声 / よくあるご質問 / メッセージ 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください