劣等感と罪悪感と自分の平均

◆劣等感と罪悪感と自分の平均

 

いつもありがとうございます♪ yuki です。
クライアントさんには「ゆきさん」と呼んでもらうことが多いので、よかったらあなたも「ゆきさん」と呼んでくださいね。

劣等感や罪悪感はセッションでもよく扱う内容です。
劣等感や罪悪感が無意識にでもあると、何かとうまく行かないことが多くあります。

「うまくいきだしたかなー♪」と思うとまたガクッときたり。
思うわぬ出来事が起こったり、病気になったりと…

わかりやすく例えると、自分はテストで平均60点だとします。その後、良くなって、90点とったとしても、その後30点をとり、60点の平均に戻すように…って感じですかね。

それがお金(お給料、収入だったり…)だとすると、毎月平均50万の収入で、翌月臨時収入や売り上げがよかったりで90万だったりすると、そのまた翌月から2、3ヶ月不要な出費が続いて40万の出費があった…結局、その数ヶ月の平均は50万だった…って感じです。
実際は、そんな数ヶ月で起こる話ではないかもしれませんが、一年〜数年で計算してみるとそんなことが起こっています。

その根底にあったりするのが、【受取拒否をしている自分】であって、その下にあるものが劣等感や罪悪感がある自分なんですね。

90点や90万円を一度受け取っても…
「いやいや、私はそんなに受け取れません…」と、思って、
「60点や40万円お返しします。」と受け取り拒否し、戻そう、戻そうとするのです。
本来の自分=60点の自分、月50万の収入の自分に。

なぜなら、
【私は60点や50万しか受け取る価値はありません。】という劣等感。
【私は60点や50万しか受け取るわけにはいきません。】という罪悪感があるからなんですね。

60点や50万以上受け取ることは、価値に値しない…申し訳ない…から。

これって、テストやお金だけの話ではないんですね。
幸せや喜び、楽しさとかでも同様に起こる話なんですね。

だから、劣等感や罪悪感は早く手放しましょう。
そして、受け取る基準をどんどん上げていきましょう。
つまり100点、1,000点、無限点をとっていい自分にしていくこと。
50万、100万、ミリオネアになっていい自分にしていくこと。
幸せや喜び、楽しさを受け取っていい自分になること。

そしたら、受け取った後で返すようなバカをしません(笑)
受け取ったまま。
気が向けば、誰かに分ける。
そんな流れに変わりますよ♪

受け取り方レッスン&実践はこちらでできますよ♪

 

 


人気ブログランキング

 

【今日のHAPPY】
「ティッシュペーパーを買って帰ろう!」と思っていたら、帰りのガソリンスタンドで3箱ティッシュペーパーをもらえたこと!(笑)やったー!

【今日の感謝】
充実した一日が過ごせたこと。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です