寂しさと戦わない

◆寂しさと戦わない

 

心理セラピストの yuki です。
クライアントさんには「ゆきさん」と呼んでもらうことが多いので、よかったらあなたも「ゆきさん」と呼んでくださいね。

『寂しいとうさぎは死んじゃう』って昔なんかのドラマで言ってませんでしたっけ?
なんかその言葉はすごく記憶に残っているのですが、なんのドラマだったかすっかり忘れていますが…(笑)

寂しいとうさぎだけでなく、人間も勝手には死にはしないと思いますが、死にたくなったり、いろんな問題を起こすことにはなると思います。

そんな【寂しい】という気持ちと上手に付き合えていますか?
寂しいを隠したり、寂しいと戦ったりしていませんか?
特にしっかりしている女性、頑張っている女性とかは【寂しさ】と日々戦いながら暮らしていませんか?

寂しさと戦うと一見強くなれます。
しっかりした女性に見られたり、頑張る分成果もあげ自立した素敵女子になれます。
でも、気をつけないと孤独にもなりやすくなるんですよね。
そうして、一番避けていた弱い自分に最後はなってしまうのです。
寂しさと戦ってきた人が一番なりたくなかった弱い人になっちゃうのです。

だから、また戦ってをはじめしてしまいます。
そしてまた孤独になって、また弱くなって…を繰り返すことにります。
同時に、いつも満たされず、いつもどっぷり疲れています。

どうでしょう?
あなたはそんな類の女性ではないですか?
素直に甘え、素直に頼り、気持ちに余裕を持ちながら生活をできていますか?

ドキっ!ってしたのなら、そろそろその生き方をやめませんか?
自分の弱さを認め、自分の無能さを許し、自分が女性であることを受け入れて見ませんか???

***

これってカウンセリングでもよく扱う内容なんですね。
職場の人に頼れない。彼氏に甘えられない。彼ができないなどのご相談をいただいたときに向き合ってもらう部分になります。
一人で頑張る!一人でなんとかしようとする!!そんな女性のときに扱う内容なんですね。

この、人に頼れない、甘えられないとかは特に元々は親からの影響が多いんです。
例えば、お家で忙しそうなお母さんを思いやって、頑張ることを決めた女の子がいるのです。
子供の頃から、自分のことは自分でし、なんなら兄弟の面倒まで見て。
1から10までどころか、20、30とやっているわけです、一人で。

そして、大人になった今も、お母さんを想うように同僚や後輩、彼などを想いまた人一倍一人で頑張る…ことをしています。なんて健気なんでしょうねぇ〜涙
でも、周りからはそこまで認められないのが悲しいところ。
想うような結果や承認を得られず辛い想いをされています。
縁の下の力持ち的な立場をとり、いいところは誰かに持っていかれる…みたいな。
本人も半分それでいいとも思ってはいます。でももう半分納得のいかない自分もいるわけです。
そこそこ周りからの評判はいいし。

カウンセリングではこうして頑張ってしまうメカニズムを理解し、手放すことをしていきます。
でも、なかなか手放せない人もいるんですね。

「もう頑張らなくてもいい!頑張らなくても私は愛されているんだ!」と感じることができても、どうしてもやめられないんですね。
こんな時って、一番自分がそんな自分を許せないんですね。

つまり、自分自身が頑張る自分でいたい!
親のためでも、親のせいでもない!!自分自身が頑張る自分でいたい!
と自分自身が頑張ることを自分に強要しています。

それは、そうして頑張ってきた自分自身を誇りに思っているから。
頑張らなければ認められないのではないか?という不安。
今まで頑張ってきたのが無駄だったの?と思いたくないからなど、どうしても頑張る自分でいたくなるんですね。

でもね、今日があるのはあなた自身の頑張りがあったから今日があるのです。
だから全然今までが無駄になることはないんです。
不安はあるかもしれないけど、不安なままでいいです。
自分を心地よくする選択を選びましょう。

自分の弱さを認め、自分の無能さを許し、自分が女性であることを受け入れてみてください。
そうすることで人に頼れやすくなります。
甘えられるようになります。
そして本当の強さが身につき、本当の自分の価値がわかり、女性としての喜びが増えていきますよ。

もう寂しさと戦わないていいのです。
寂しさを受け入れて、新しい世界で豊かに暮らしてみてはどうですか?

 


人気ブログランキング

北九州・福岡 カウンセリング ルーム
Khaang  cay   < cocoro no release >

   セッションのご案内 / お申し込み  /  お客様の声 / よくあるご質問

日常のことなんかを書いているアメブロもやっています♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です