大切にしていること

 

 Khaang  cay

 

当セラピーサロンの屋号でございます。

Khaang  cay(カーング チャイ)といいます。
どうぞ、よろしくお願いします。

なぜ、この名前にしたかというと、20代前半は海外旅行が大好きで、年に2、3回くらい行っていました。
そのうちに行った【ラオス】という国がとっても気に入ったからです。

食べ物やビールは美味しいし、メコン川に沈む夕日は最高に綺麗でした。
首都のヴィエンチャンは結構都会だったのですが、ルアンパバーンまで行くとこれといって何もないのですが、緑が豊かで雪舟の水墨画のような景色があったりしてとても綺麗なところでした。
行くまではガタガタ道で大変でしたが…(笑)

道を探していたら?迷ってたら?聞いてもないのに(笑)、声をかけて助けてくれたり…と人も優しく、人懐っこい人が多かったです。
時間ものんびり流れていて落ち着くし…ボーと過ごすだけなのに最高に幸せで…
焦りや争いみたいなのもなくて…
身体中の重たい何かがバンバン落ちて行くようでした。

その旅行中、
「何もないけど、こういうのが豊かっていうんだろうなー♪」
と思ったのです。

ちょうど『ALWAYS 三丁目の夕日』のときの日本のような感じですかね(笑)
そんな感じの国で、すっかり気に入った国の一つでした。
実際暮らしている方からすると、不便なことも多いかもしれませんが…

そして、独立したとき「どんなふうにやっていこうか?」と思って、
【真心でクライアントさんに向き合い、尽くす】
という誓いを立てました。

「その思いを今一番好きな国の言葉で、屋号に込めよう!」
と思い、ラオス語で真心という言葉にしようとその言葉を探しました。

が、ちょうど当てはまるものがないらしく、造語として作り誕生した屋号でございます(笑)

真ん中 = Khaang
 心  = Cay

から【Khaang  cay】と名付けました。

改めて、どうぞよろしくお願いします♪

 

 

 私がカウンセリングのときに大切にしていること

 

私はカウンセリングのとき、

①悩みや問題はクライアントさんを苦しませるだけのものではなく、何を気づかせるために起こっているのだろう?

②どうしたら悩みが解決し、愛情や魅力に気づいてもらえるかな?

③クライアントさんにとっての幸せってなんだろう?

 

ということを大切にしています。
そして、

「そのために、今、何をしたらいいのだろう?」

ということを考えながら、カウンセリングをさせてもらっています。
何かあなたのお役に立てれば、幸いです。