また戻るんじゃないかと心配になるとき

◆また戻るんじゃないかと心配になるとき

 

心理セラピストの yuki です。
クライアントさんには「ゆきさん」と呼んでもらうことが多いので、よかったらあなたも「ゆきさん」と呼んでくださいね。

最近、クライアントさんから「また戻るんじゃないかと心配になります」って言われます。
喜んでいいのか?反省した方がいいのか?迷います(笑)

【また戻る】って、望んだ状態に今変わっているってことでしょ?
と思うと喜べるんだけど、心配が残ってるのかな?と思うとセッションで反省する点があるのかなー?とも思うわけです。

「そんなこと言われても…」って思いますよね。(汗)
そうですね。
これは私の問題なんですけどね…はい。

ということで、今日は、【また戻るんじゃないか問題】について、今日は書いてみたいと思います。
セルフの場合、セラピーの場合についてご紹介します。
もう一度、ご自分を見直してみるきっかけにしてもらえると嬉しいなーと思います。

みなさん、これまで長年悩んだり、苦しい状態が続いていたため、あっさり変わったご自分に戸惑われているようですが、どうでしょう?

ですが、こちらのページにも書いていますが、http://khaangcay.com/therapy/
まず、お伝えしたいのが私がしているセラピーは
●少ない回数で変化する
●変化が深い
●リバウンドしない  っていうのが特徴なんですね。

 

なので、「また戻るんじゃないかと心配になります」って時、

①【リバウンドしない(戻らない)】って信じる

 

ってことをまずしてみてほしいな…って思います。
なんとなーくでいいです。
「絶対しないんだ!」と思い込もうとするのではなく、「このセラピーはリバウンドしないんだー!そうなんだー!ラッキー♪」くらいに思っててもらえたらいいです。
ちょっと、これを頭の隅に置いててほしいな…って思います。

 

そして、次に、

②例え戻ったとしても、また変わればいい!

 

くらいに捉えてほしいなーと思うんですね。
「1回変われたんだから、また変われる」って。

「戻ったらどうしよう」と思えば思うほど、脳は「戻りたい」と認識し本当に戻ろうとします。
すると、戻るかもしれません。
【恐れを手放す】という意味を含めて、「私は戻っても構わない!戻ったら、また変わるから!」って戻ることを許すことで、手放せます。※フリじゃダメですよ!フリじゃw
ちょっとどーーーーーんっと構えてみてください。

 

③怖さの解消&自分を信じる

 

①②とかぶるのですが、「戻るんじゃないか?」とご相談くださる方には、セラピーをしていますって話なんですが。
そのときのセッションで多いパターンが
1、過去の怖さがまだ残ってる → 怖さの解消をする
2、自分を信用する 
セッションなんですね。

これまでの人生の中で怖さを我慢してきませんでしたか?
自分のことを信用できていますか?
今一度、この点をクリアにしてみてはどうでしょう?

無理に「大丈夫!」と思い込んでも意味がないので、不安があれば不安を解消していくことが大切だと思います。
不安の解消に、1、2のセッションを行い、①②のことを受け入れていただくことをセッションでしています。

 

そして最終段階でお話させてもらうのが、

④メリットを挙げてみる

 

ちょっと厳しく聞こえるかもしれませんが、「もし戻ったとして、戻った時にメリットがあるとしたらなんだと思いますか?」
この点をしっかり見つめておくといいかもしれませんね。
戻らないことが特徴ではありますが、戻ったとしたら?もしかすると戻ることにメリットがあるのかもしれません。

例えば、「人との関係の中で親密感を感じれるようになりたい」という場合、
セッションではまず人との親密感を築く時に生じる恐怖心などを解消し、人と親密感を築くための土台を作ります。

それでも、人と親密になる=仲良くするには、嫌われるかもしれない、傷つくこともあるかもしれないっていうデメリットを引き受けないといけないんですね。
土台+デメリットを引き受けた上で、相手と関係を築いていきます。
この時、デメリットを引き受けないままでいると、関係はなかなか築けません。
ある一定の距離を保とうとします。
すると、人といつまでたっても親密感は築けないんですね。

人と親密感を築きたいということでセッションを受けた。
→人と仲良くなれるようになった!
→けど、人と仲良くなればなるほど、心配になる。
→このまま、ずっと仲良くいられるだろうか?以前のように逆戻りするのでは?
って心配になるんですね。

つまり、どんどん仲良くなると同時に、これから嫌われるかもしれない?っていう可能性が生じてきたわけです。
仲良くならないことで【嫌われない】【傷つかない】ということがメリットになるわけです。
なので、この場合は、【嫌われてもいい】【傷ついてもかまわない。自分だけは自分を傷つけない】って部分もクリアにしておくことが必要ってことです。

※ちなみに、セラピーでご相談くださってる方には、不安があるとお話くださっている方には、お話を伺った上で②やこの部分をどんどん扱っていき、どんどん問題をクリアにして、この場合だと人と親密感を築き安くするようにセッションを進めていますよ。
ご安心くださいね。

簡単には思い浮かばないとは思いますが、あえてあげるとしたら何があるか?と考えて、出てきた答えのメリットが大きいと戻る可能性はあるかもしれませんね。
そこをしっかり見つめ、手放しておけば、さらにリバウンドしにくくなると思いますよ。

私も以前、この堂々巡りのような、終わりはあるのだろうか?セラピーを受けて意味があるんだろうか?どうせ悩むのなら今のままとそんなに変わらないのでは?って思ったこともあります。
でも、やっぱり、そこで諦めるのとそれでも進んでいくことを選ぶのには大きな違いがある!と感じれるようになりました。
どちらを選ぶかは自由になるけど、私は後者を選びました。

セラピーを受けるとか、悩みを解決するって、エレベーターですーーーーーっと屋上にいくイメージよりも、階段を一歩一歩登っていくようなものなんですね。

一歩一歩随分階段を登ったつもりでも、遠くの景色を見た時に、「あれ?あんまりさっきと景色が変わってない?」「ビルも山もさっきと目線違わないけど?」と思うかもしれませんが、来た道を振り返ったり、足元を見た時に確実に高い位置まで来ています。

でも、遠くの景色と比較してもそんなに変わってないので、「私変われてない!」「苦しいまんま!」「登っても意味ないんじゃ?」と感じるかもしれませんが、足元を見直したとき自分がとっても高いところまで来たことに気づけるとそれはやっぱり大きな喜びになります。
だから、「変わってない」「意味あるのかな?」と思ったときは一度これまでを振り返ってみてください。
確実に成長している足元を見直すことが大切です。
見直すことを是非ともしてくださいね。

なので、セラピーを受けてくださっている方には、初回カウンセリングの時から5回ずつの無料カウンセリング足元を見直すことをしています。
階段を登ることばかりに必死になりすぎないようにしてくださいね。
遠くの景色ばかり比較しないでくださいね。
苦しくなるだけです。
足元をたまに見直しながら、自分の成長を感じながら【成長】という階段を一段ずつ登って行ってくださいね。
そうして、階段を登った先に素晴らしい景色が見えますから^^

最後、ちょっと話がずれましたが、いかがでしょう?
①〜④の中で、何かしっくりきたり、ピン!ときた内容があったら、その部分を一度自分に聞いておいて、クリアにしておいてください。

その上で、もう一度「もし、戻ったら?」と聞き直してみてください。
心が軽くなってたら、①〜④の内容が、不安要素だった…てことなんですね。
人は意味なく、不安になったりしません。
不安に感じたり、心配に感じる時には理由があります。
その不安や心配をないものにしたり、抑えつけようとすると、「僕、ここにいるんですけどー!」ってどんどん主張してきます。
つまり、不安や心配がどんどん大きくなってくるということです。

なので、不安や心配があるときは、その都度解消してみてくださいね。
セラピーの場合は、遠慮なくおっしゃってくださいね。

 


人気ブログランキング

北九州・福岡 カウンセリング ルーム
Khaang  cay   < cocoro no release >

   セッションのご案内 / お申し込み  /  お客様の声 /

      よくあるご質問 / メッセージ 

日常のことなんかを書いているアメブロもやっています♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です