もし、人気雑誌のカバーガールをやってみない?と言われたら?

◆もし、人気雑誌のカバーガールをやってみない?と言われたら?

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪     yuki です。


 
10秒以内に答えてください。
もし、いきなり人気の雑誌(宝島社から出ているような…)の編集者から超真面目に、
「雑誌のカバーガールをやってくれませんか?」と言われたらどうしますか???

10・9・8・7・6・5・4・3・2・1…どうします?

 「絶対、嫌!!!!!!」「絶対、無理!!!!!!」

とこたえませんか?

全国の書店に自分の顔が平積みで置かれているのを想像してみて下さい。
人気モデルと顔を並べて自分の顔があるとしたら…怖くないですか?
ありえなさ過ぎて、笑えてきませんか?
そこにリアリティーはありませんよね?
頼まれてもしたくないと思いませんか?(笑)
私は非現実過ぎて笑けてきました。(笑)

このとき、【怖い】と感じたり、笑けてくるのは、今いる自分の世界と雑誌のカバーガールになるという世界があまりにも違う世界だから怖くなったり、笑けてくるのです。
もう一度言いますが、今住んでいる自分の世界と違う世界だからです。
頼まれても嫌と感じるのも、自分が適していない、望んでいないと感じるから頼まれても嫌なんです。
そこにいることに、居心地が悪いから断りたくなるんですね。

けれど、モデルやタレント、女優を目指している人ならばやってみたいと言うかもしれませんよね。
そういう世界を目指しているし、そんな世界に住みたい、自分はそんな世界の住人になりたい、なるのにふさわしい…と感じれるから、申し出にOKを出せるのです。
普通に暮らしている一般人より、芸能の世界に近いから「YES」て言いやすいんです。
少なからず、似たような世界を自分の中に持っているから、怖さもあるかもしれないけど、「チャレンジしてみたい」という気持ちも持てるのです。

続きを読む →