あがり症とパニック時と心拍数

◆あがり症とパニック時と心拍数

 

心理セラピストの yuki です。
クライアントさんには「ゆきさん」と呼んでもらうことが多いので、よかったらあなたも「ゆきさん」と呼んでくださいね。

あがり症や対人恐怖、不安が強いといったのご相談をいただいたとき、
「息が苦しくなり、呼吸がしにくい感じになります」
「汗が出て、止まらなくなります」
「頭が真っ白になります」
「顔が真っ赤になるのが恥ずかしくて…」
「喉のあたりが締め付けられすようになる」など
…そんな症状をおっしゃいます。

この症状が出ると同時に、もう一つ気になることがありませんか?
そう!

胸のドキドキ!

この、胸のドキドキが、どんどん大きく、強く打つことでもっとドキドキしたり、これらの症状が出て、私たちを悩ませてしまうのです。

この【ドキドキ】と息苦しさや頭が真っ白になるなどの【症状】は連動して起こるので、ドキドキしてしまうとそれらの症状が出ることは自然なことなんです。

なので、【症状】をなくしたいときは、まずは【ドキドキ】を小さくしないといけません。
「じゃぁ、ドキドキはどうしたら小さくなるの?」って思いますよね。

続きを読む →

運転方法を変えるように、人生を変える

◆運転方法を変えるように、人生を変える

 

心理セラピストの yuki です。
クライアントさんには「ゆきさん」と呼んでもらうことが多いので、よかったらあなたも「ゆきさん」と呼んでくださいね。

カウンセリングでは、【これまで自分がどんなパターンを繰り返しているのか?】を見つけていきます。

人それぞれ自分なりの成功パターンがあります。
例えば、車の運転でもその人、その人のアクセルの踏み方やブレーキの踏み方がありますよね。
また、シートの位置とかも自分の位置ってあるじゃないですか?

友人で、めっちゃハンドルと体が近い人がいます。
その距離30センチくらい。
肘はめっちゃ曲がった状態。
ハンドルを切るのも、数回、手をちょこまか動かしています。
私からすると「その距離を離せば、1回できれるのに…」「ハンドルと体、近すぎない?」「運転しにくくない?」って思うので聞いてみると、「よく他の人から言われるけど、この距離が一番しやすい」って本人は言います。
続きを読む →

あがり症でお困りの方へ〜原因と改善方法〜

◆あがり症でお困りの方へ〜原因と改善方法〜

 

心理セラピストの yuki です。
クライアントさんには「ゆきさん」と呼んでもらうことが多いので、よかったらあなたも「ゆきさん」と呼んでくださいね。

複数の人の前、大勢の人の前でお話をする場合、通常通りのパフォーマンスを発揮することができていますか?

ある状況下の場合はさほど緊張せずに話せるが、ある状況下になることで緊張がMAXになり、身体のコントロールが効かなくなったことはないですか?

今日はこんな症状でお困りの方、【あがり症】についての原因と改善方法についてお話ししますね。
その前に私の話を聞いてください。

続きを読む →

あがり症や過緊張は過去の感情を切り離すと変われる

◆あがり症や過緊張は過去の感情を切り離すと変われる

あがり症や過緊張のご相談もいただいています。
症状は人それぞれでも、その原因になっていることは結構限られています。

例えば、
●間違えてはいけない、失敗してはいけないという思い込み
●ちゃんとしなければ…という完璧主義
●できる=自分 というセルフイメージ・存在理由 などなど

続きを読む →