望みをみること

Pocket

◆望みをみること

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

今日は心理セラピー2件とスカイプセッション1件でした。
(最近、スカイプでのカウンセリングが増えてて、びっくり!ありがとうございます!)
便利な世の中ですよね〜
「新幹線や飛行機でも遠いなー」と感じる方とでも、お顔を見ながらはなせるなんて!
子供のころには全然想像もつかなかった【今】がありますよね?

10年後、20年後、30年後…
今では想像できない未来が待っているかもしれませんね^^
そう思った時、わくわくしませんか?
今、わくわくできなくても、「未来はどんどんよくなる!」って期待して、
【今】を大切にしていきたいですね…

続きを読む →

Pocket

緊張と緩和のバランス

Pocket

◆緊張と緩和のバランス

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

ここ数日、【恐い】【恐怖心】について書いています。
自覚がある、ないに関わらず、恐怖心があると、人から「怒ってる?」とか「なんかいつも不機嫌だね」とか「近寄り難い…」なんて言われちゃいます。

先日も書いたように、ニコニコしている場合ではないからです。
そこで「よし!ニコニコしよう!」としても、どこかぎこちなさや違和感が出てしまい、「もっと恐い」なんて言われちゃうんですよねー
きっと、引きつった笑顔になっているんだと思います。

だって、心を切り離さないといけないくらいの恐怖ですよ?

本当はとっても恐いのですから、そんな無理をしても通用しないのです。
一説によると、「死を意識するほどの恐怖」なんて言われているのですから。
でも、これは幻想なんですけどね…
感覚の話なんです。

続きを読む →

Pocket

繋がる

Pocket

◆繋がる

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

今日は前回の続きで【解離】についてお話ししたいと思います。

数年前より「3歳までの母親と子供とのアタッチメント(ふれあい)が大切だ」といろんなところで言われている事はご存知ですか?
この時、母親と赤ちゃんが繋がり、【繋がりを感じる】事で、赤ちゃんが安心感を感じることができ(お母さんもこのとき安心感を感じているけどね)、その後成長していく中で人と繋がっていくことが自然とできます。

このアタッチメントは、「肌と肌を触れ合うこと」のみと捉えている方も多いかもしれませんが、もちろん肌と肌を触れ合うことも大切なのですが、それだけでは十分ではないんです。

続きを読む →

Pocket

不満を感じることも大事

Pocket

◆不満を感じることも大事

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

不満やネガティブな想い、ブラックな自分がいることで、ご相談にきていただくことがあります。
ですが、不満を感じることって時にはとっても大事なことなんです。
不満を感じるからこそ、「もっとよくしたい!」「もっとこうなりたい!」「もっと私だって輝けるはず!」っていう自分の望みが見えてくるからです。

これは、不満だけでなく、全てのネガティブな想いも同様です。

陰陽で言えば、陰があるから陽は存在できます。
陰がなければ陽も存在できません。
だから、自分の不満やネガティブな気持ち(陰)をちゃんと見つめて、受け止めて、その対極にある自分の願い(陽)をあぶりださないといけません。

陰を陰のまましておくと、ドロドロしてしまうからみんなが嫌うものになってしまいます。
それをちゃんと陽に転じれば、不満やネガティブな想いって全然嫌う必要のないものなのです。

続きを読む →

Pocket

頭ではわかっているけど…

Pocket

◆頭ではわかっているけど…

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

先日の話の続きというわけではないですが、
「頭ではわかっている」というときは、【意識(顕在意識)】の部分の話になります。

「頭ではわかっているけど、できない」というときは、【無意識(潜在意識)】の部分の話になります。
なので、この無意識で感じている部分が理解できないとき、悩んだり、苦しく感じたりします。

また、意識の部分と無意識の部分がほぼ一致している人は「普通〇〇でしょ?」と考えられるんです。
だから、働かない人を見て、「働けない」という気持ちを理解しにくく、「甘えてる」「わがままだ」「みんな我慢してやってるよ」「問題児だ!」と捉えてしまうので、問題がどんどん大きくなってしまうんです。
「理解してほしい」「わかってほしい」と思うのが、ちょっと無理な話なのかもしれませんね。

続きを読む →

Pocket

人に頼れない理由はいろいろ

Pocket

◆人に頼れない理由はいろいろ

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

同じような悩みでも、その根本の原因や理由は様々です。
私が「こうなのかなー?」と思っていても、全然違うことってよくあります。

「人に頼ることが出来ない」というご相談をいただいたときも
・そもそも人に話しかけること自体が恐い
・頼るよりも自分がやっった方が早いし、確実
・相手に断られるのが恐い
といった相手への不信があったり、

・人に迷惑をかけてはいけない
・出来ることは自分でしないと
・私はお姉ちゃんだから甘えてはいけない
といったちゃんとしないと!自分でやらないと!という思いがあったりするケースが多いのですが…

たまにあるのが
【これ以上人に迷惑をかけてはいけない】と、
自分の存在自体がすでに迷惑だから、これ以上人に頼むなんて出来ない
といった思いから、人に頼れない、甘えられない…って方もいらっしゃいます。

続きを読む →

Pocket

自己肯定感と一緒に育てたいモノ

Pocket

◆自己肯定感と一緒に育てたいモノ

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

「ありのままの自分でOK!」「今の自分で価値がある!」など
自尊心、自尊感情、自己肯定感を持てると、なんとなくの自信というものがあり、前向きに何かに取り組むやる気なんかにも繋がります。

こんな感覚があると言うことは、いろんなことに前向きにチャレンジできるので、おのずと結果もついてきますし、【豊かな人生が歩める】ということで、ここ数年、「この感覚を育てましょう!」っていろんな方がおっしゃっていますよね。
(アナ雪もそうですよねー)

この感覚が土台としてしっかりあると、感覚(無意識)として人との繋がりを感じられたり一体感を感じることができ、人間関係、仕事などあらゆる場面で自信を持って挑むことができるかと思います。

この、自己肯定感をしっかり持っている方って、同時に【自己効力感】っていうのも持ち合わせている方が多いです。

続きを読む →

Pocket

頑張ることはいけないこと?

Pocket

◆頑張ることはいけないこと?

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

文章でお伝えするって、伝わりにくいことがありますね…
先日の記事で、私が

【ちゃんとしないと病】と【完璧病】が強いので、気をぬくとすぐに「ちゃんとしよう」としてしまうし、「完璧にしよう」として自分を追い詰めたくなります。

ってお話をしたのですが、
「なんでそれがダメなのですか?」と聞かれたので、お答えしますね。

続きを読む →

Pocket

怒ること、泣くことのメリット

Pocket

◆怒ること、泣くことのメリット

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

セッションではお一人お一人の想いを紐解きながら、それに関連する【感情】を一緒に扱っていきます。

「私が怒ると家族がバラバラになる」と思い込み、怒ることを我慢するようになったり、
「女の子が怒るなんて、みっともないからやめなさい!」と怒ることを禁じられ、それを今もなお、頑なに守っていらっしゃる方もいます。

また、
「泣くと惨めだから、絶対に泣かない…」と今度は泣くかことを我慢されている方がいたり、
「私が泣いてたら、お母さんが困るから…」と自ら泣くことを禁止されている方もいらっしゃいます。

理由はお一人お一人違いますが、怒ること、泣くこと(悲しむこと)を禁じている方は本当に多いです。

そんな間違った思い込みを変え、これまで抑圧してきた感情を少しずつ解放していきます。
続きを読む →

Pocket

引きこもりと感情

Pocket

◆引きこもりと感情

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

セッションでは、「どんどん感情を発散していきましょう!」って感じで進めていきます。
今、読んでいる本でも感情を抑圧することで、様々な病気になったケースの症例を読んでいます。
まだ途中なので詳細は控えますが、今回の本を読んでいてもそうですし、日頃のセッションのことを思い返してもそうなのですが、お一人、お一人の感情のパターンっていうのがあります。

どういうことかというと、例えば、
「私は怒っていけない。女の子だから…」とか
「私は泣いてはいけない。泣くとみっともないから…」とか
「私は怖がってはいけない。お姉ちゃんだから…」とか
そんな【間違った思い込みがあった】り、

これまでの人生でそういうことをひとつひとつ感じることが許される状況でなかったり、そもそも周りがそんなに豊かに感情を感じ、表現する人がいなかったなど、【感情の扱い方を学べなかった】といことで、

続きを読む →

Pocket