感じ方を再学習する

Pocket

◆感じ方を再学習する

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

昨日の記事は読んでいただけたでしょうが?
前回のイライラだけでなく、ネガティブな気持ちを感じることは決して悪いことだけではないのです。

私たちを心地いい状態へ連れていってくれる道しるべになってくれるのです。
ネガティブな感情と上手につきあう方法を知ることは、私たちを幸せな場所へ連れていってくれるということなんです。

このネガティブな気持ちと上手に付き合う方法を本来であれば、子供から大人になる過程で学んでいきます。

続きを読む →

Pocket

不満を感じることも大事

Pocket

◆不満を感じることも大事

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

不満やネガティブな想い、ブラックな自分がいることで、ご相談にきていただくことがあります。
ですが、不満を感じることって時にはとっても大事なことなんです。
不満を感じるからこそ、「もっとよくしたい!」「もっとこうなりたい!」「もっと私だって輝けるはず!」っていう自分の望みが見えてくるからです。

これは、不満だけでなく、全てのネガティブな想いも同様です。

陰陽で言えば、陰があるから陽は存在できます。
陰がなければ陽も存在できません。
だから、自分の不満やネガティブな気持ち(陰)をちゃんと見つめて、受け止めて、その対極にある自分の願い(陽)をあぶりださないといけません。

陰を陰のまましておくと、ドロドロしてしまうからみんなが嫌うものになってしまいます。
それをちゃんと陽に転じれば、不満やネガティブな想いって全然嫌う必要のないものなのです。

続きを読む →

Pocket

ネガティブな気持ちがあってこそ、人生だ!

Pocket

◆ネガティブな気持ちがあってこそ、人生だ!

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

以前、心の流れーゆっくり変化していくーでも書きましたが、気持ちを変えていくには段階があります。
ある過程をすっ飛ばして、そちらへ行こうとしてもエネルギーが違い過ぎて、弾き飛ばされ、元の場所、もしくは元より辛いところへ引き戻されてしまいます。

なので、「時間をかけよう!」という意味ではなく、少しずつ気持ちの階段を上がっていくようにすると引き戻し(リバウンド)がなくていいかと思います。

かといって、気持ちの階段を上がって行けば、落ち込んだり、不安になったりしないのか?というとそういう話でもなく、それでも失敗すれば落ち込んだり、何か新しいことを始めるときは不安になることはあります。
(無意味に落ち込んだり、不安になることはグッと減ると思いますが…)

ここを勘違いされている方が多いので、間違えないようにしてください。
気持ちはいつも一定ではなく本来、上がったり、下がったりするものです。
そのことをちゃんと理解してくださいね。
どんな人も、自然も全て一定ではありません。
同じように見えても、違っています。

続きを読む →

Pocket

ダイエットを成功させる秘訣♡

Pocket

◆ダイエットを成功させる秘訣♡

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

ダイエットを始め、身体的コンプレックスのご相談もいただいています。
私も以前、太っていること、特に下半身が大きいことがすごくコンプレックスで嫌な思いをいっぱいしました。

今こうして人の心や人生の仕組み、宇宙の法則について学ぶと、人生を辛く感じることやうまくいかないことが当然だったと、首がもげるほどうなづいて、理解できます。
コンプレックスが強いと望ましくない影響を人生に与えるからです。
裏を返せば人生を喜びに変えたければ、これまでと逆のことをすればいいだけなんです。
つまり、コンプレックスを解消するとうまく生きやすくなります。
ですが、そう単純にできないことも理解しています。
それでも、丁寧に扱っていけばコンプレックスは解消できると私は思っています^^

今日は心理について学ぶ前、私は偶然コンプレックスを一つ解消できたのですが、今、いろんな学びをした結果、コンプレックスが【解消できない時】と【解消できた時】の違いが明白に理解できたのでそれをご紹介したいと思いますね。

続きを読む →

Pocket

世界は自分が思う以上にずっとずっと優しい♪

Pocket

◆世界は自分が思う以上にずっとずっと優しい♪

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

昨日の記事のように、私たちはある思い込みのもと生きています。

「人はいつか、裏切る…」「いざとなったら、誰も守ってくれない」という思い込みが無意識にでもあれば、無意識に裏切るような人を選んで、裏切られることを経験する羽目になったり、いざとなったら誰も助けてくれないような人たちばかりと仲良くし、本当に助けてもらえない経験を繰り返します。
もしくは、いつも相手を信用できず、相手を疑うことでいい関係を長く築けません。

そうして、「人はいつか、裏切る…」「いざとなったら、誰も守ってくれない」という思いを「やっぱりそうだ!」「自分の考えはあっている!」と無意識に強化していくんですね。

この働きはこういったネガティブなことだけに働くわけではないんです。

続きを読む →

Pocket