我慢させつづけると…

Pocket

◆我慢させつづけると…

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

【抑圧】するといずれ、【爆発】をうむのかもしれません。
あまり歴史には詳しくないですが、明智光秀も織田信長にいつも押さえ込まれていたイメージがあります。

明智光秀のストレスがマックスでないときや、まだ気持ちにゆとりがあれば横暴な態度で相手をコントロールできるのかもしれませんが、明智光秀のストレスがマックスになったときや、

織田信長が上、明智光秀が下としっかり上下関係ができていたときはそれで問題ないかもしれませんが(いや、それはそれで問題あるか…)、ちょっとしたスキができたときやその関係が崩れたとき、ほんの少しのズレが生じたとき、反乱という名の【爆発】が起きて、「本能寺の変」ってなってしまったように思います。

会社での内部告発や急な退職、転職、セクハラの告発とかもそうですし、
予期せぬ離婚宣告や熟年離婚とかも現代の<本能寺の変>なのかなとも思います。

続きを読む →

Pocket

大切な人や出来事とのお別れの仕方

Pocket

◆大切な人や出来事とのお別れの仕方

 

 

人生の中で、【出会い】と【別れ】のときは何度もやってきます。

「別れがあるから、出会いがある」とよく言われますが、本当にそうで終わりがあるから始まりがあるのです。
逆に、終わらせることができないと、人は新しい一歩を踏み出せることができません。

失恋や大切な人との死別など、人生の中では必ず起こることです。
また、人との別れだけでなく、いろんな出来事にも終わりはくるものです。
そんな大切な人との別れや出来事の終わりは、どうしても避けれないときがあります。
そんな悲しい時は、思いっきり悲しむことが大切です。
その時、その時感じる心をそのまんま感じつくすことで、それらの出来事に【ピリオドを打つ】ことができます。
そうして、ピリオドを打つことで、その出来事を過去にすることができたときに新たな一歩を踏み出すことができます。
が、それがうまくできないとずっとそこに留まることになり、そうなるだけでなく、あなたを苦しめることにもなるのです。
何も、「辛い出来事をすぐに忘れろ!」と言っているわけではありません。
辛い出来事を辛いままにし、自分を苦しめるだけの材料にしないでほしいのです。

辛い出来事を、学びと成長の材料に変えてほしいのです。
続きを読む →

Pocket