【自信がある自分】になるための近道

◆【自信がある自分】になるための近道

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

「もっと自信があったら、恋愛もうまくいくのに…」
「もっと自信があったら、人間関係もうまくいくのに…」
「もっと自信があったら、仕事もうまくいくのに…」
そんな風に思ったことはないですか?

そんなクライアントさんの悩みを伺っていくと、その裏には愛情だったり、美しさが隠れています。
悩みを解決していくのは当然なんですが、カウンセリングは愛情だったり、美しさを見つけて行く作業でもあるような気がしています。
面白いのが、そうして愛情や美しさをみつけていくことで、どんどん綺麗になっていかれるから驚きです。

「自信がつく」ってこんな感じなのかな?なんておもったりします。

続きを読む →

我慢を続けること

◆我慢を続けること

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

【我慢を続ける】って自分を押し殺して、相手を優先することなんです。
我慢すること自体が悪いことではないんです。
言いたいことが言えないこと自体は悪いことではないんです。
それは個人の自由かなーと思います。

ただ…我慢を続けることで、【自分の気持ち】がわからなくなってしまいます。
自分の気持ちがわからなくなると、自分の本音がわからなくなり、人とコミュニケーションを取ろうとしたときに、無意識に相手に嘘をつくことになります。

そうして、嘘をつく自分につかれたり(相手にあわせることに疲れる)、
相手も嘘をつかれているので「一緒にいても楽しくない!」となり、自然と距離ができてしまい、だんだんと自分の周りから人がいなくなってしまう…ってことが起きちゃうんです。

続きを読む →

適当な言い訳を続けていると…

◆適当な言い訳を続けていると…

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

【何かを伝える(言う)】って人にとってはすごく難しいことなんです。
私も以前はそうでした。

簡単に言える人からすると、「なんでそんな簡単なことが言えないの?」と理解に苦しまれるのですが、言えない人からすると重大問題なんです。
言えないもんは言えないんです。

で、この【簡単に言えない人】って言えないから、余計なことをすごく多く言ってしまうんですよね。

例えば、遊びに誘われて<行かない>のなら「行かない」「辞めとく」って言えばいいところを、適当な理由をつけて断るんです。
「あなたたちで行っておいで」
「今日は気分でないから、私がいくと邪魔になるし…」
「自分はいいから、みんなで楽しんできて」などなど
はっきり断らず、よくわけのわからないことを言っています。

続きを読む →

我慢をやめる方法②

◆我慢をやめる方法②

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

前回の記事で、なんとなく自分が我慢しちゃう理由、我慢を続けてしまう理由がわかったのではないかなって思っています。

我慢しているのは自分の為ではなく、誰かのためだったりします。
だから、なかなかやめれなかったりするので、その誰かと自分を切り離すために、昨日のワークをちょっと続けてもらえたらな…なんて思います。

と同時に、
【我慢する人】に知っててほしいことがあります。

続きを読む →

繋がる

◆繋がる

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

今日は前回の続きで【解離】についてお話ししたいと思います。

数年前より「3歳までの母親と子供とのアタッチメント(ふれあい)が大切だ」といろんなところで言われている事はご存知ですか?
この時、母親と赤ちゃんが繋がり、【繋がりを感じる】事で、赤ちゃんが安心感を感じることができ(お母さんもこのとき安心感を感じているけどね)、その後成長していく中で人と繋がっていくことが自然とできます。

このアタッチメントは、「肌と肌を触れ合うこと」のみと捉えている方も多いかもしれませんが、もちろん肌と肌を触れ合うことも大切なのですが、それだけでは十分ではないんです。

続きを読む →

近づくなオーラ

◆近づくなオーラ

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

今日は職場の人間関係がうまくいかず(対人恐怖)、お困りだった方のご感想を紹介ます。

今日はゆきさんにいくつかご報告したくてメールをいたします。

最初に、セラピーを受けていくたびに心だけでなく、体も軽くなっていくんですね。月に2回か3回行っていた整体やマッサージにいけなくても、体のしんどさが気にならなくなりました。整体の先生からも、随分体が緩んできたねと言われたのですが、何も生活は変えていません。なので、セラピーの影響かな?と思っています。そうして(整体の)先生から言われてみれば、確かに前ほど肩こりや頭痛が減ってきたような気もしています。

そして、肝心の職場の人間関係ですが、以前だったらお願いできなかったことができるようになりましたし、セラピーのときにご相談した私だけにアタリが強い先輩が最近私にも優しくしてくれるようになりました。
最初声をかけられた時は、まさか自分に言っているとは思わずにどーせまた別の人に言っていると思って無視してしいたら、私に言っていたのですごく驚きました。「よっぽどいいことがあったんだろうなー」と思っていたら、それからというもの、ちょこちょこ声をかけてもらえるようになり、休み時間もみんなと一緒に話すようにもなれました!
こんなこともあるんですね!

一緒に話すようになったからといって、まだまだ居心地が悪い感じもありますが、でも、やっぱりみんなと楽しく話せるようになって嬉しいです。
ご相談して本当によかったと思っています。
ありがとうございました。
(一部、加筆・修正しております。)

続きを読む →

どんな服を着て、どんな考え方をする?

◆どんな服を着て、どんな考え方をする?

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

心理セラピーは【心の断捨離】だと思います。
子供の頃の服や一昔前の服って、今着れませんよね…
それはサイズが合わなかったり、デザインが古かったり…と
今の自分には似合わないから…

心にも同様のことが起こります。
子供の頃のあなたの考えと、今のあなたの考えは違うはずなんです。
それは今という時代であったり、今という年齢であったり、今なら一人でも生きていける環境であったり…と、以前と今では違うことがたくさんあるからです。

続きを読む →

頭ではわかっているけど…

◆頭ではわかっているけど…

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

先日の話の続きというわけではないですが、
「頭ではわかっている」というときは、【意識(顕在意識)】の部分の話になります。

「頭ではわかっているけど、できない」というときは、【無意識(潜在意識)】の部分の話になります。
なので、この無意識で感じている部分が理解できないとき、悩んだり、苦しく感じたりします。

また、意識の部分と無意識の部分がほぼ一致している人は「普通〇〇でしょ?」と考えられるんです。
だから、働かない人を見て、「働けない」という気持ちを理解しにくく、「甘えてる」「わがままだ」「みんな我慢してやってるよ」「問題児だ!」と捉えてしまうので、問題がどんどん大きくなってしまうんです。
「理解してほしい」「わかってほしい」と思うのが、ちょっと無理な話なのかもしれませんね。

続きを読む →

本当は何も出来ない私

◆本当は何も出来ない私

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

多分私は、あまり器用な方ではありません。
でも、これまで結構できちゃう方で。(自慢ではなくて…)
【器用でないけど、できちゃう】ってその根底には努力や我慢や頑張りがあるわけなんですね。

でも人は【できちゃう】部分しか見えてないし、知らない。

だから、人は私を【できる子】ってみるけど、
本当はただ、一生懸命頑張ってきただけなんです。

本人はその【あまりできない自分】を感じているもんだから、人からの【できる子】という評価はプレッシャーでしかなくて、いつ自分のメッキがハゲるかビクビクしています。

続きを読む →

なんでわたしは出来ないの?

◆なんでわたしは出来ないの?

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

幼い頃、
「どうしてこんなことするの!!!!!(怒)」
「なんでこんなこともできないの!!!!!!!!(哀)」
と何度も何度も言われていると、 とっても責められたような気分になることがあります。

そうして大人になると今度は自分自身に
「私はなんでこんなこともできないのだろう」と感じ、今度は自分で自分を日々責めてしまうことがあります。

続きを読む →