性格は変えられる

◆性格は変えられる

 

心理セラピストの yuki です。
クライアントさんには「ゆきさん」と呼んでもらうことが多いので、よかったらあなたも「ゆきさん」と呼んでくださいね。

あなたは自分の性格を変えたいですか?
もし変えたいとしたら、変わると思いますか?
結論から言うと、私は性格は変わると思います。

突然ですが、対人恐怖やあがり症の赤ちゃんを見たことがありますか?
顔を見られるだけで緊張する赤ちゃん。
人前でドキドキしている赤ちゃん。
おそらく、見たことがないと思います(笑)

つまり、【対人恐怖】や【あがり症】の赤ちゃんがいないように、はじめっから対人恐怖やあがり症な性格な人がいるわけではなく、《どこかの時点》で人や場面を怖い・不安と感じるようになったことで、人前で自分らしくいられなくなってしまうんですね。
そんな自分を対人恐怖やあがり症の自分として認識してしまいます。

 
なので、どこかで感じインストールしてしまった人が怖い・人前で緊張する…といった思い込みを再学習し、安心へ変えると自分の反応を変えることができます。
つまり、対人恐怖やあがり症で悩まずに済むようになるんですね。

 
変化させるポイントは、
①《どこかの時点》で怖い・不安と感じるようななった出来事の感情の解消
②思い込みの再学習
です。
 
ここで気をつけて欲しいのが、ただ思い込むだけでは変えられないんですね。
「〇〇って思おう!」「〇〇って考えればいいんだ!」と思ってもうまくいかなかった経験があると思います。
特にその場になってみたら、自分の思い込みとは別にドキドキしたり、頭が真っ白になったり…と身体が勝手に反応してしまいますよね?
なので、【ただ思い込む】だけでは変えられません。
思い込むのではなく、「怖い・不安」と学習したことを「安心」と学びなおす、【再学習すること】が大切なんですね。
その為に、《どこかの時点》で怖い・不安と感じるようななった出来事の感情の解消をしっかり行うこと、しっかり過去と向き合い、その時十分に感じることができなかった感情を感じることで再学習できます。
なので、セラピーを受けていただくか、毎度のように安心になるまで紙に書きまくってもらうのが一番です。
変化はありますので、一度は試して欲しいなーと思うのです。

また、対人恐怖、あがり症だけでなく、過剰なイライラ、鬱、パニック症なども同様に変えることができます。

「性格だから仕方がない…」と諦めていませんか?
【性格】は変えられるんですよ。
性格は自分の考え方や感じ方、行動パターンからできています。
裏を返せば、自分の考え方、感じ方、行動パターンが変わると性格は変わります。

上記の方法を試してもらうと、考え方、感じ方が変わるので、自然と行動パターンも変わってきます。
結果、性格が変わってる^^ってことなんです。

 


人気ブログランキング

北九州・福岡 カウンセリング ルーム
Khaang  cay   < cocoro no release >

   セッションのご案内 / お申し込み  /  お客様の声 /

      よくあるご質問 / メッセージ 

日常のことなんかを書いているアメブロもやっています♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です