あがり症や対人恐怖、視線恐怖やパニック症、広場恐怖、予期不安の根本は皆同じ

◆あがり症や対人恐怖、視線恐怖やパニック症、広場恐怖、予期不安の根本は皆同じ

 

心理セラピストの yuki です。
クライアントさんには「ゆきさん」と呼んでもらうことが多いので、よかったらあなたも「ゆきさん」と呼んでくださいね。

対人恐怖やあがり症でご相談をいただく時、「幼い頃から人前でよく緊張していた」とお聞きします。

それが年を重ねるたびにその症状がひどくなり、人前で話さないといけない時に極度に緊張し、動機や息苦しさ、喉のつまりを感じたり、人と話すことが怖くなったり、赤面する、どもることが気になったり…と様々な症状がどんどんプラスされていき、「今、とっても辛いんです…」とお話しくださいます。

対人恐怖もあがり症も根っこにあるものは、一緒なんですね。
なので、軽度のものをあがり症、重度のものを対人恐怖症と呼ぶことが多いのです。

もっというなら、人の視線が怖い【視線恐怖】やパニック症、広場恐怖、予期不安なども同様に根本にある原因は同じものです。

これらのことでお困りの方達の特徴が
●わがままが言えない
●人に甘えられない
●人に気を使いすぎる
●いい人、もしくはいい人と思われたい
●人前ではしゃげない
●人からどう思われているかが気になる
●感情表現が苦手
●能力が高い分、失敗を過剰に恐れる
●「欲しい、いらない!」「好き、嫌い」をあまり言わない
●人に合わせて本心が言えない
●人の面倒をよくみる

などがあります。

なので、あがり症や対人恐怖、視線恐怖やパニック症、広場恐怖や予期不安でお困りならば、上記の逆のことができるようになれば改善していく…って話ではあるのですが・・・・。

それができないから、おそらくあがり症や対人恐怖、視線恐怖やパニック症、広場恐怖、予期不安でお困りでもあるんですけどね(汗)
矛盾している話ですみません。

でもですね、先ほどもお伝えしたように●の事項の逆ができるようになることがあがり症や対人恐怖、視線恐怖やパニック症、広場恐怖、予期不安の改善に繋がっていきます。

これらの改善セラピーを行う中でも、対人恐怖やあがり症の裏にある<甘えられない><頼れない><失敗が怖い>など自分に制限をかけている思い込みの書き換えとその制限を作った感情を解消することで、変化が起きています。

つまり、あがり症や対人恐怖、視線恐怖やパニック症、広場恐怖、予期不安を改善されていると言うことです。

一番最初に話を戻しますが、「幼いことから緊張気味でした。それが年を重ねるたびに症状がひどくなっています。」とお話しくださった方々も、子供の頃から一人でなんでも頑張り、一人でなんとかしようと努力を重ね、結果を出してきた方、出そうとした方が多いのです。

これまで甘えず、頼らず、一人でなんとかしようと頑張ってこられた方ばかりなんですね。

なので今、あがり症や対人恐怖、視線恐怖やパニック症、広場恐怖、予期不安でお困りの方は、その症状はとっても辛いものかとは思いますが、どうかそれはこれまで自分が無理して頑張ってきた証だと思って下さい。

そして、「もう頑張れない」と身体が言っているのだと受け取ってみて下さい。

「もう頑張れない」って言う自分を許してあげて下さいね。
「今までよく頑張った、ありがとう」と自分に優しくなる生き方に変えてみませんか?
あなたのこれまでの頑張りは、あなた自身がよく知っているはずです。

与えるばかりの人生でなくて大丈夫です。
もうあなたも受け取る人生に変えていいと思いませんか?
受け取る人生に変えられたら、あがり症や対人恐怖、視線恐怖やパニック症、広場恐怖、予期不安も改善します。

そして、与え、受け取る人生に変えられたら、人生がもっと豊かに変化していきますよ。

 


人気ブログランキング

北九州・福岡 カウンセリング ルーム
Khaang  cay   < cocoro no release >

   セッションのご案内 / お申し込み  /  お客様の声 / よくあるご質問

日常のことなんかを書いているアメブロもやっています♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です