心のままに…

◆心のままに…

 

いつもありがとうございます♪ yuki です。
クライアントさんには「ゆきさん」と呼んでもらうことが多いので、よかったらあなたも「ゆきさん」と呼んでくださいね。

今の時代は、本当に【心のままに】従うことが成功や幸せにつながる世の中だなぁ…って感じます。
ありがたい時代ですよね。

ただ、私たち母親世代以上の人たちはそうでない時代でした。
むしろ【心を抑制】した時代です。
なので、無意識に心に抑制をかけているので、無意識に子供世代へ抑制した方法を伝えます。
てか、それ以外伝えようがないんですね。
知らないから。

心を抑制する方法を学んだ子供世代の子供達(=今の私たち世代。30代、40代)。
でも、時代は心のままに生きることが成功と幸せにつながるわけです。
ここで生じるギャップが生きづらさや不幸感、不満足感となり私たちを悩ませているんですね。

【心のまま】って感覚がいまいちわからない。
アニメのように右肩に黒い服を着て槍を持っていたり、左肩に白い服を着て頭に輪っかがあって、両肩でやいのやいの言い合ってくれていればわかりやすいけど、そんなこともないわけで…
体の中に流れる声は、思考の声なのか心の声なのかがわかんないわけです。
同じ声だし。(笑)

だから、自分の子の声は正しいのか、思考か心の声かわからなくなり、自分がやることに不安になったりするもんで、ちっとも進まない、幸せになれないもんで、また焦り、不安になり、迷う…
と悪循環になって、状況は一向に改善しないわけです。

この【思考の声】か【心の声】かわからなくなっている方はこれまで周りから
●「〇〇しなさい!」といつも指示を受けていたり、自分の意見がいつも通らない環境だったり、
●自分が決めたことに過去、『NO!』と怒られたり、バカにされたり、笑われたことで、自分の声に自信が持てなくなったり、
●自分が決める前に、すでに周りが決めてしまい決める練習がこれまでできなかったり…など

【自分の心の声】を聞かずに来てしまったから、わからなくなってしまっています。
でも、「今、わからない」からと言って「これからもわからない」ということではなくて、これから徐々に心の声を聞くようにすれば、ちゃんと聞けるようになり、思考と心の区別はできるようになります!

できるようになると楽しいことが増えたり、喜びが増えるので是非、聞くようにしてほしいと思います。

方法としては、
「本当はどうしたいの?」と自分に聞きまくるのです。
例えば、みんなでランチに行く時、胃の調子が悪いから本当はあっさりと和食が食べたいけど、周りがイタリアンで盛り上がってても「和食が食べたい」と言ってみる。
この時、「みんなに悪いかな…」って声が過ぎ理、『イタリアンで我慢しよう』思うと思います。
でも、その時「本当は何が食べたいの?」って自分に聞きます。
「和食が食べたい」という声がしたら、それを伝えてみるってことです。
「胃の調子が良くないから、和食にしてもらえない?」って言ったら、だいたい変えてくれますよ(笑)
「どーしてもイタリアン!」って人がいれば、別行動してもいいんだしw

こういう、小さな声をしっかり拾って行くと自分の心の声がわかるようになりますよ。
=自分に優しくなることにもつながります。
そうして、その積み重ねが、あなたの幸せにもつながるのです。
はじめは面倒で、勇気がいる時もあるかもしれませんが、できるようになります!

心の声を聞いて、もっとハッピーになるのだ!
それができないから苦労してる!って人は、まずは心にあるブレーキから外していきましょう。

焦らない!
急がない!!
でも、あなたがハッピーになることは間違いなし!
「ハッピーになる!」とまずは決めてみてくださいね。

 


人気ブログランキング

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です