あなたは誰の期待にいつも応えていますか?

Pocket

◆あなたは誰の期待にいつも応えていますか?

 

☆     記事一覧はこちら ☆

ご訪問くださり、ありがとうございます♪    

今日は、2017,1にアップした記事の再アップです。

心理療法の一つ、
ゲシュタルト療法の創始者、ドイツの精神医学者
フレデリック・S・パールズ(1893~1970)の言葉を今日はご紹介します。

私は私のために生き、
あなたはあなたのために生きる。
 
私はあなたの期待に応えて
行動するためにこの世に在るのではない。
そしてあなたも、私の期待に応えて
行動するためにこの世に在るのではない。
 
もしも縁があって、私たちが出会えたのなら
それは素晴らしいこと。
出会えなくても、それはしかたのないこと。
 

 

 

あなたはいつも誰かの期待に応えるための行動を繰り返していませんか?
そして、自分の期待には誰も応えてくれないと傷ついたり、怒ったりしていませんか?

誰かに期待に応えて欲しいと強く望んでいるうちは
誰もあなたの期待には応えてくれないかもしれません。
ただ唯一、あなたの期待に応えてくれるのはあなた自身です。

自分の期待に、自分で応えてあげてください。
自分自身を自分で諦めないでくださいね。
自分自身を自分で幸せにしてください。

そんなことを繰り返していたら、ひょっこり、自分を応援してくれる人や
幸せを分かち合える人と出会え、喜びをシェアでき、
ちょっと矛盾するんだけど、期待してなかったけど、
期待に応えてくれるような出来事が起こったりするように思えます。

拗ねずに、いじけずに、
ただ自分自身を自分で幸せにすること

を繰り返してみてください。
自分が【心地いい】と感じることを選んでいってみてください。

「人に優しくできない」
「意地悪をしてしまう…」とよくご相談をいただきますが
そうして自分を責めているから相手も責めたくなるし、

下手をすると相手から責められたしします。

自分に優しくできないから、
相手にも優しくしようとしてもなかなかできません。

だから、
どこまでも、自分に優しく。

すると、相手へ自然と優しくもできるようになりますから。

 

 

 

 

 


人気ブログランキング

 北九州・福岡 カウンセリング ルーム
 Khaang  cay   

     menu・価格一覧  / セッションのご案内 / 引き寄せレッスン♪

  お申し込み  /  お客様の声 / よくあるご質問 / メッセージ 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください