ロングショットで悩みは解決する

Pocket

◆ロングショットで悩みは解決する

 

心理セラピストの yuki です。
クライアントさんには「ゆきさん」と呼んでもらうことが多いので、よかったらあなたも「ゆきさん」と呼んでくださいね。

【2016.7.27の記事を一部加筆・修正して再アップします】

 

 あなたは悩みや問題を解決できると思いますか?

 

結論からいうと、私は【変わることができる、解決できる】って信じています。

私のところには「軽自動車一台分のお金を使ったけど、何も変わりませんでした」「一体、いくつヴィトンやグッチのバックが買えただろう…って思うくらい色々試したけど、一時的にテンションは上がるけど、しばらくしたら元に戻ります」などとお話しくださる方が、来てくださっています。

こんなにお金をかけて、こんなに時間を使い、いっぱい努力をしたのに、結局何も変わってない感じがすると、「本当に変われるのかな?」「悩みは解決できるの?」「続けていても意味があるのかな?」「何もしないのが一番無難かも?」なんて思いたくなりますよね。

私も以前、セミナージプシーを繰り返していたので、そんなことを考えたことが何度もありました。
だから、その気持ちは痛いほどよくわかります。

そんな私でも、結局【変わることはできた】かな…って思っています。
以前は苦しくて、苦しくて仕方がなく、焦りや不安、罪悪感や絶望感、劣等感や自責の気持ちがいっぱいあったのですが、今ではそれが気にならなくなったのです。

「まっ、いっか♪」と思えることが増えたし、気持ち的にすごく楽になれました。
日々の生活の中で楽しいと思うことが増えたので「これでよし!」と思うようにもなりました。

なので、少なくとも私は変われたので、クライアントさんに対しても私は【変わることは出来る】と信じています。

 

 

 今の悩みは、結局未来の笑い話になる

 

変わるわけない…と感じるときやなかなか変われないとき、葛藤や抵抗などが大きいとき、 つまり、悩みや問題を乗り越えるのが困難に感じるとき、 乗り越えた後に来るギフトは大きいとも思っています。

私の好きな言葉の一つで、
Life is a tragedy when seen in close-up, but a comedy in long-shot.
人生はクローズアップで見れば悲劇だが、
ロングショットで見れば喜劇だ

っていう、チャーリー・チャップリンの言葉があります。

辛いときや悩みの最中は、終わりがないように感じたり、「本当に解決するんだろうか?」と不安に思うことがあるかと思います。
これって【今だけ】を見ている状態、クローズアップして見ているので悲劇に感じるのかもしれません。
でも、悩みは解決できるし、 乗り越えてその出来事を振りかっえったときには 「あー昔あんなことで悩んでいたな」って クスッと笑える日がきます。
ロングショットで見たときには喜劇に変わっているのです。

私にも喜劇に変えた出来事がありますよ。
以前、私はあがり症でロールプレイなどの試験では、緊張を通り越して手足が震えたことがあります。
それ以来、試験のたびに手足が震えて、それはそれは大変でした。
「また震えたらどうしよう…」て。
毎回、毎回すっごくストレスで、試験に申し込んだ自分自身を恨んだりもしました。

でも、今となっては笑い話です。(笑)
人って、「自分の意識とは別にこんなに体って動くんだー」って。
逆に、「あの時の動きして!」って今言われても、あんな動き意識してもできんわっ(笑)ってくらい身体は震えたけど、今ではすっかり笑い話で、ネタになっています。

以前はすごくストレスでも、悩みが解決したら笑い話になります。
悩みが解決したら、大抵その出来事があったおかげで… 今の幸せがある…って思えるようになります。
「乗り越えたい」という勇気を持つことで 乗り越えられることはできますよ。

 

 

 悩みの解決にも…

 

チャップリンの言葉のように、悩んでいる、困っているときも同様に悩みに対して【クローズアップ】しているときなんですね。
だから、結構悲劇な状態で、苦しいのです。
でも、視点が変わったり、【ロングショット】で見たりすると、悩みは解決され、結構喜劇な状態にもなれ、笑えるようになります。

カウンセリングでは無意識の領域で、この【視点を変える】ってことをしていきます。
クローズアップして見ていることで辛く感じている日頃の癖のようなものを見つけ、ロングショットで見れるようにしていきます。
無意識に繰り返していることに気がつけば、変わることができます。

例えば、
<人と親密な関係になれない>っていうとき、
・自分は嫌われているに違いない
・人に近づくのが怖い
・相手は自分を傷つける存在に違いない…って思っていたりします。

それを
・自分に好意を持ってくれる人もいる
・近づいても安全だ
・相手は自分を傷つけたりしない
と思考レベルで理解するのではなく、無意識レベルで理解できると変わることができます。
視点を変えたり、引きで見れるようになるといいのです。

「本当に変われるの?」と不安になると思いますが、私は変わることができると信じています。
乗り越えることは出来ると思っています。
だって、私にできたんですもの。
クライアントさんも変わりました。

悩みを解決し、「最初の頃は〇〇だったよねー」って一緒に笑えるといいなーって思っています。
今の悩みを笑い話に変えましょう。

 


人気ブログランキング

北九州・福岡 カウンセリング ルーム
Khaang  cay   < cocoro no release >

セッションのご案内 / お申し込み  /  お客様の声 / よくあるご質問

日常のことなんかを書いているアメブロもやっています♪

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です