自信がないんじゃない!自信を隠しただけ‼︎ならば、出してしまえ‼︎

◆自信がないんじゃない!自信を隠しただけ‼︎ならば、出してしまえ‼︎

 

心理セラピストの yuki です。
クライアントさんには「ゆきさん」と呼んでもらうことが多いので、よかったらあなたも「ゆきさん」と呼んでくださいね。

「私にはできません!」
「私にはできっこない!」
「どうせ私はバカだから…」
「どうせ私はダメだから…」
「私には自信がないんです…」
と自分を安く見積もってはいませんか?

今日は「自分に自信がなくて…」と何かにチャレンジすることにためらっている方について話しますね。

 

 自信がない理由とは?

 

自分に自信がないと感じると、どうしても何かにチャレンジすることに二の足を踏んでしまったり、何かを始めること、やることにためらいを感じますよね。
そうすると、なかなか【始めること・チャレンジすること】ができません。
けれど、そんなあなたにも「やってみたい!!」と思うことが一つか二つないですか?
でも…その一歩が踏み出せない…

この、【私にはできない】という思いと、【私もやってみたい】という思いに挟まれている原因が「私には自信がないから…」と思うかもしれませんが、そうではないんですよ。
自信がないんじゃないんです。


衝撃的な事実を申し上げますと、本当は自信を隠しただけなんですよ^^
つまり、もともとは自信はあったのだけれども、ちょっと都合が悪くなったので隠してしまったのです。あなたが。(笑)
あなたが隠したのならば、その自信をそろそろ出すようにすればいいんですよ。

「え?自信があったの?私???」と思うかもしれませんが、ちゃんとあったのです。
でも、過去に自信を傷つけるような経験をし、『シュッ!』とどこかに隠してしまっただけなのです。

例えば、
・「お前は何をやってもダメだなぁ」とよく言われていた
・「おねぇちゃん(兄弟)はできるのになんであなたはできないの?」
・失敗したら周りの態度が冷たかった など

親や周りからガッカリされるような態度を取られたり、出来ないことに怒られたり、周りと比べられることで、なんとなく「自分ってダメな存在なんだなぁ…」と自分を安く見積もるようになってしまったのです。

そうして、「自分ってダメなんだぁ…」と思いながら過ごすことで、どんどん自信というものをなくしてしまったように感じるようになったのです。
つまり、人から与えられた影響を=「それが自分なんだ」と思うようになってしまっただけなのです。

でもね、「自分てダメなんだぁ」って感覚があるのは、ある意味とっても必要なことでもあったのです。
むしろ、あって正解だったのです。
よかったことなのです。
それは、自分の身を守るための手段だったんですね。

「自分をダメだ」と思っていると、周りから「あなたってダメねぇ」と言われても傷つかなくて済んだから。
自信を持ったままだと、笑われて傷つくことが増えるかもしれなかったから、『シュッ!』って隠したのです。
「自分でもわかってる…」と相手の言葉を受け入れやすくなるから、深く傷つかなくて済んだのです。
生きていくために必要なことだったのです。

だから、どこかの時点で『シュッ!』って自分の自信を自分で隠してしまったのです。

 

 自信をシュッ!って隠したのなら…

 

  シュッ!て隠したのなら…そろそろそれを出しちゃいましょう。
隠した自信をどんどん出しちゃいましょう♪

小さい頃はどうしても出来ないことの方が多いのが自然なことです。
できないこと、ダメな点があったことを許してあげましょう。
大人になり、出来ることも増えたと思います。
それを集めてみましょう。

「自分には自信がない…」
「自分には何も出来ないし…」と思うあなたでも、これまで出来たこともあったはずです。
まずは、50個それを書き出してみてください。

どんなにことでもいいですよ。
・大学受験に受かった!
・希望の職種につけた♪
・毎日、仕事にちゃんと行ってる!
・メイクも欠かさずやってる!
・お化粧を落とすのが面倒な日でも、メイクをちゃんと落として寝ている
・「おはよう」と笑顔で挨拶するようにしている
・仕事で頼まれたことを、なるべくミスがないように…と思いながらこなしている  とか。

自分が【できたこと、できていること】ことを拾い集めてみてください。
それを書き出したとき「結構、私、いろいろできてるじゃん♪」って思えるはずです。
そうして、自信を集めていってみてください。

 

 

 それでも、自信が持てないとき…

 

書き出したものの、それでも自分がちっぽけに思えたり、「こんなことは意味があるの?」「これが自信?」「全然自信なんか戻ってこない!」と、自信が戻ってこないようなら、そのときは過去傷があまりにも大きいのかもしれません。
そんなときは過去の傷を癒すことで自信は取り戻せます。

セルフでもできないことではないのですが、手前味噌になりますがカウンセリングが必要な部分になりますね。
過去に傷ついたときの怖さや、悲しさを癒すことが必要なのです。

それでもセルフで行うのなら、過去に傷ついた自分を慰めるような言葉がけを自分にしてみてください。
「できないながらも頑張ったよね」
「バカにされたようで悲しかったよね」と傷ついた当時を思い出しながら、目の前の傷ついた小さな女の子を慰めてあげるように言葉がけをするといいですよ。

そうして、自分を癒すことができたら自信は取り戻せます。
自分を信用できるようになります。
すると、「やってみよう!」って自然に思えるようになり、チャレンジができるようになります。

そうして、出来ることが増えることでさらに自信につながります。
もちろんやっていくなくで、失敗すること、怖いと感じることもあると思います。
一時的にまた自信を無くしそうになることもあるかもしれません。
でも、一度自信を取り戻す経験をしたあなたなら、また何度でも取り戻すことができるでしょ?
そうして、トライ&エラー&トライを繰り返せるようになることで、さらに自信がついていきます。

自信がつくと同時に今までの世界と違ってきますよ。
なぜなら、やっていることがこれまでと違うから。
やっていることがこれまでより増えているから。
失敗を恐れなくなっているから。

本当はね、【みんな自分はやればできる】と信じて生まれてきています。
本来はやれば出来ると信じて生まれてきていますが、どこかの時点で隠してしまっただけなのです。
自信を取り戻す作業には不安や心配はあって当然です。
その気持ちが消えないのなら、不安や心配と一緒にカウンセリングへいらして下さい。
それも一緒に解決していきましょう。

自信を隠してきたこれまでが、【今の自信のない私】を創っています。
つまり、これまでの毎日の積み重ねが今日なのです。
そして、これからの毎日積み重ねが未来なんですね。
「自信を取り戻してみたい!」と思うなら、それはできます。
まずは一度お試しください。
一歩踏み出すことで新しい世界が動き出しますよ。

 


人気ブログランキング

北九州・福岡 カウンセリング ルーム
Khaang  cay   < cocoro no release >

   セッションのご案内 / お申し込み  /  お客様の声 /

      よくあるご質問 / メッセージ 

日常のことなんかを書いているアメブロもやっています♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です